Scrambled Soul Circus@渋谷GUILTY

『SCRAMBLE MUSIC FES』  渋谷GUILTY (2015/4/25)

Scrambled Soul Circusのライブを観てきましたそ。
デビュー・アルバムの情報も解禁され、謎のベールが徐々に剥がされることでその実態が白日の下に晒されてゆく(大袈裟)。しかし光が強くなるほど、その一方で闇はより濃くなり(主にベーシスト方面)…。って、何言ってんだか分かりませんが、ライブ前にD官山で開催中の友人の写真展に寄りつつ(この方、後でライブハウスで合流するんだけどもw)、タワレコ&ユニオンでCD買いつつ、そんなこんなで渋谷GUILTYへ。
この会場は、ステージが横に広くて割と観やすいハコですね。この日は、正統派メロディックHMバンド・UNDHIFEAT主催のスリーマン公演。それぞれ1時間ステージ。


東京Monochrome
一番手。Key入りの5人組バンド。フュージョン・テイストのポップ・ロックという感じでしょうか。曲によってはファンキーなノリだったり、翳りのある歌謡曲っぽさも有り。女性ファンが多かったです。
20代半ばのとても若いバンドだったのですが、凄まじく演奏が巧かったですね。技巧的に優れていることを前提に、それをことさら見せつけるわけでもなく、間の取り方や立体的なアンサンブル等々、懐が深~い印象。曲の印象の大きな割合を担っているのはKeyとVoだったかな。Keyは…、キーボーディストというよりジャズ・ピアニストと言いたくなるタッチで、激ウマ。「弾く」プレイと「叩く」プレイの使い分けが凄かったですね。Voは歌い上げるタイプじゃないですが、バラード系の曲での歌唱を聴く限り、よく声は出てましたね。
というか、バンド全体バランスがとても良いんだな。技量にしろ、音の住み分けにしろ。Gtは、テレキャスをシャランシャラン小気味良いカッティングで鳴らしてましたが、ソロもイケる。リズム隊の自由自在っぷりは見事なもので、とりわけBaの雄弁さは素晴らしかった。
歌メロのトーン、というか放つムードがやや画一的だったのが少し残念でしたね。個人的にはもっとロック的な熱さを(曲の)クライマックスに持ってきてほしいかな。


Scrambled Soul Circus
二番手。
まず声高に言いたいことはですね、
ポニーテール、キ・キ・キ・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
ってことですよ。
いや、Seiya(Gt)じゃなくって、Haruka嬢(Vo)のことね。
ウチのブログは自他ともに認める(のか?)、『最も女性演者の髪型にウルサい(はた迷惑な)ブログ』ですからね、そりゃスルーできませんな。1曲目のRe:STARTが始まって袖から出てきた時も、腕組みしながらしれっと観ている風でいて内心「ッシャ!ッシャ!」って脳内ガッツポーズしながら快哉叫んでましたから。
ポニテ is Justice。
ポニたそ is S-kawaii!!
 (Sはスーパーの略でお願いしますm(____)m)
Goodbye ツイン, Hello ポニー。
それが真理だ。

もうね、これでこの日のライブは“勝ち”ですよ。こんなライブレポなんて、ここまでで切り上げても良いくらいなんですよ。「以下、余白はポニたそに捧げるよ(マサ・イトー風)」みたいな感じで。

(逆に言うと、髪型一つでどうにでも印象を操作できるんだからチョロいリスナーとも言えるわけでww)

閑話休題。
というか、それだけだとあまりにあんまりなので、少し感想をば。
この日は前もって、発売前のデビュー・アルバム「Scrambled Colors」から全曲演奏することがアナウンスされていました。ですので、“これがSSCです、丸ごとパッケージしました”的なライブになるであろうことは想像できるわけで。
経験豊富なメンバーゆえ、既に前回1月のライブでバンドとしてこなれまくりングなステージを披露していましたが、今回もやはり。

等身大、ですね。
ありのまま。そのまんま。

虚飾を以って(と敢えて言いますが)実際より大きくカッチョ良く魅せるのは、ロック音楽に留まらずエンタメによくある醍醐味みたいなもんですし、それが効果的に働く場面は多いですが、ここにはそういうものが無い。無かった。
ヘンにカッコつけてないからね。
だってステージの上の人達、めちゃ笑顔なんだもん。
フロアで手ぇ挙げてるファンも、めちゃ笑顔なんだもん。
「楽しさ」が何より勝るパフォーマンスと空間。
気のおけない友人とバーベキューに行くような、そんな感覚かしら。

ヘンにカッコつけてない。でもカッコイイんだよなぁ。等身大のかっこよさがある。優れたミュージシャンシップを持ったメンバーが揃っているから。そして、強力なメロディを持った楽曲という、最強の武器があるから。かつ、その“武器”が一番活きるような歌唱を、演奏を、しているから。
パーツパーツで影響や元ネタ(という言い方もアレだがw)が透けて見えながらも、同時にKazu以外の何ものでもないと感じる楽曲群。そういう彼なりの特徴がしっかりと刻まれた曲が瑞々しく躍動する様子は、ラブリー時代からそうだし、ここにきてさらに幅広く自由自在なソングライティング・センスを発揮している感がある。このバンドが、ヴォーカル・メロディの強みを最大限に引き出すことを中心に据えているのは事実。それにプラスして、(メタルメタルしてはいないけど)器楽的な聴き処が頻出するので、メロディに聴き入る以外の楽しみ方にも事欠かない。

歌と演奏がパワーとパワーを以ってぶつかり合うというのは、HR/HM系のライブではよくある構図ですが、それがSSCには一切無いんですよね。歌と演奏それぞれのぶつかり合いが、より大きなエネルギーやライブならではの熱さを生むことを否定しませんし、私自身そういうのが好きっちゃあ好きですけれども、「力には力で対抗するしかない」っていう風になって、それがただ単にお互いの良さを殺してしまっている場面ってのはよくあるわけで。
SSCではそれぞれがぶつかり合うんじゃなくて、歌と演奏の共存、(音域&フレーズの)住み分けがしっかり為されているのがポイントでしょうね。音数が多いのに、埋もれてる音が無い。Voと楽器それぞれが互いに存在を引き立て合うような、理想的な関係。

別に昔話がしたいわけじゃないんですけど、このステージを観ていて、かつての、6人編成の時のラブリーの放っていた空気に近いものがあると感じました。音楽的なことっていうよりも、ステージとフロアの雰囲気の話。
他のメンバーに視線を向けつつ、自分のソロでは目を閉じて渾身のチョーキングをカマすKazu。
作曲者でも作詞者でもないのにも関わらず、満面の笑顔で終始歌メロを口ずさみながらファン一人一人に目を向けるSeiya。
ニコニコ、首を横に傾げるように振りながらも、その表情とは相容れないドドドドド…という出音で叩く慧。
かつて私が愛した風景の一つでは、ある。ただそれぞれの音、特にGt2人の音の切れ味ってのは「かつて」より磨かれているんですけどね。
そこに、2本のGtサウンドを縫うように抜けてくるYouskeのBaと、Haruka嬢の“舞い降りる”歌声。その組み合わせは、このバンドの「何でもアリ」のモットーと相まって、こちらをワクワクするような気持ちにさせてくれます。

つくづく不思議なのが、Haruka嬢のVo。彼女の歌ってるところを見ていて/聴いていて、ほとんどフィジカル面には思いが行かないんですよね。ライブ始まっての1曲目あたりでは「今日はよく声出てるな」みたいに思うことはあるんだけど、そこから先は、(例えば)「高音域の歌唱頑張ってるなー」とか「このパートは歌い辛そうだな…」とか「あ、今、発声法変えた」とか、私個人としてはそんなことには意識が向かない。
ただ、音源で聴いたことのある声がそこに存在する。そんな感じ。
多分本人はそんなこと意図していないとは思うんですが、そういうフィジカルな面に目を向けさせない彼女の資質が、聴き手を包み込み、曲世界に没入させ、ライブという非日常空間に身を置くことの“特権”を感じさせてくれる。そんな風に思ったりもするんですよね。

明るく爽やかで楽しいムードを演出する楽曲が多い印象のセトリ(=アルバム)でしたが、個々の曲でいうと、やはり哀メロダダ漏れのHide myselfは超好みだな、と。かつ、この日初公開されたShade”もまた、曲名の通り、翳りのある曲でした。この曲ね、めちゃめちゃ良いよ。聴いててウルッときたもん。狂おしいほどの絶品&絶妙なメロディ・ラインを持つバラード系のなんですけど、ロックっぽい太さとダイナミズムを備えていて、Baの主張とKazu入魂のGtソロがすんごいの。
アルバム曲全部と、Haruka嬢のお気に入りだというArt Of GradationOur Songを加えた全10曲でしたが、次回レコ発ライブではさらに曲数増やしてくるってんだから、Kazuは大変だわ(笑)。あ、歌詞付けるたそも大変ね。

曲の合間合間に色々な告知がありましたが、バンド活動としてはまだまだ「これから」。音源も出る前だしね。
この日、ここにSSCを観に来たファンは、今までの彼らを知っている人達であり、彼らがどんな音を出すか、どんなステージを見せてくれるか、知っている人達でもある。なんせアルバム発売前のタイミングに足を運ぶような人達ですから。そういう人達がバンドの発する空気に馴染み、溶け込み、一瞬にしてそれを受け入れる構図。それは理解できる。
ただ、「これから」は、彼らの「今まで」をまったく知らない人達を相手にするわけですし、そういう層に広がっていかないと面白くない。当然好き嫌いはあるにせよ、フックだらけの楽曲はあるし、それを伝える為の実力もある。あと必要なのは何だ?運か?(笑)
私はもう既にこのバンドの事を知ってるしワクワクしてるし楽しいからいいんだけど、もっと広がっていきゃあもっと楽しい。

一人でも多くの人が、この日感じたこの空気を、この「楽しさ」を享受できるように。
そう祈ってます。

<セットリスト>
01.Re:START
02.ハミング♪
03.“Shiny
04.WIND!!
05.Hide myself
06.オリオンの夜に (Haruka + Kazu)
07.Our Song (Art Of Gradationカバー)
08.Shade”
09.旅立ちの唄
10.Dream State ~親愛なる仲間達へ~


UNDHIFEAT
トリ。スミマセン。諸事情により(闇にかどわかされた為w)、観れず。モニターをチラ見したのとホールから漏れ出て来る音で判断する限り、このハコの広めのステージは動きの大きなこのバンドに合うし、DAI(Vo)の声はかなり伸び伸びと出ていたようでした。


対バンはやっぱスリーマンくらいの長さがいいですねー。
あとね、ブログ書き的には「土曜日開催、日曜は(私が)暇」ってのが望ましいのよね。ゆっくりレポ書けるから。
…と言いつつ日曜日ダラダラしてたから、アップするのめっちゃ遅くなったんですけど(苦笑)。


ハミングと音符が鬩ぎ合う追記へ。
    ↓

さて、
デビュー・アルバムのことを書いた記事の中でですね、9曲目のハミング♪の後ろの音符(♪)の表記が以前言ってたのと違うじゃねーか!とイチャモンを付けたところですね、作詞者の方(ポニたそ)から「是非事情を説明させてほしい!」と声高に言われたので(笑)、ここに記します。

要は、
【単体の8分音符】
onpu1.jpg←コレ(A)
か、もしくは、
【8分音符を2つ繋げたもの】
onpu2.jpg←コレ(B)
…かって話なんです。

当初意図していたのはBヴァージョンの表記なんだけど、コレ、実は環境依存文字のようでして、ちゃんと表示ができない場合がある、と。ですので、ほんとはBヴァージョンにしたいんだけど、諸々の事情を鑑みて止むを得ずAヴァージョン表記でいくことにした、と。
そういうことのようです。
というわけで、ハミング♪
まぁ表記の問題より、繰り返しになりますが「ハミング」のまんま曲名にしちまったことの方が驚きなんですけどね。

音符の表記一つのことについて、こんな追記をネチネチ書いている自分に対しても驚きなんですけどね(笑)。
ぽに。
スポンサーサイト

COMMENT 0