Jeff Beck「LIVE AT Ronnie Scott's」


Jeff Beck「performing this week... LIVE AT Ronnie Scott's」 (2008)

さて、トウシロがあまり触れてはいけないような気がするアーティストの筆頭ともいうべき、Jeff Beckです。「触れてはいけない」というのは勿論「聴いてはいけない」ってことではなくて、こういうブログなどという公の場でヘタに書き散らすと危険である、ということです(笑)。
Jeff Beckについては、「BLOW BY BLOW」JEFF BECK GROUP「TRUTH」の2枚を聴いただけなんですが、正直ものすごくつまんなかったんですね。なんせ「TRUTH」の中で一番お気に入りの曲がGreensleevesってくらいですから、何をか言わんや(苦笑)。元々、バンドの中でのギターの音や役割は好きな管理人ですが、ギター・ヒーロー的な人のソロ作品やギター・インストゥルメンタルのCDにはあまり興味が無いため、Beckについてもそれ以上は踏み込むことはしませんでした。

で、先日、音楽の話題ばかり5時間ほど語り明かす飲み会に参加しまして、その場で迂闊にも「ベックってあんまり好きじゃないんですよねぇ~」とか口走ってしまったところ、2人のギタリスト(共に年長者)から即刻、
「貴様、バカかッ!?」
「コ○スゾ!」

…などと言われてしまいました(脚色アリ)笑
(その御二方ともウチのブログと相互リンクさせていただいてるっつーんだから、世の中オソロシイですねw)
そんなに言うんならじゃあ何から聴けばいいんだよ、という話になったときに出たのがコレ、2007年の11~12月に掛けてロンドンのRonnie Scott's Jazz Clubで行われたライブを収録した「performing this week... LIVE AT ronnie scott's」です。調べてみるとCDだけじゃなくて映像作品もあるじゃないかということで、DVDを購入しました。面白かったら儲け物、つまんなくてもブログのネタになる(する)、というわけで(笑)


パッと見た感じ、それほど大きくないクラブでの演奏。観客は座って観る形式です。これっぽっちの規模だと当然チケット争奪戦(?)になったんでしょうけど、もしかしたら招待客とかが多いのかな、客席にはRobert PlantとJimmy Pageの顔も見えますね。

バンドはBeckのほか、Vinnie Colaiuta(Dr)、Jason Rebello(Key)、Tal Wilkenfeld(Ba)。
おおー、この人が有名なカリウタさんかぁ!?動いてるところ、初めて見ますね。調べてみると、なんとMEGADETH「THE SYSTEM HAS FAILED」でも叩いてるじゃないの。そのプレイは自由自在って感じですね。激しいアクションの時には眼鏡がズレないか心配になるんだけど…(苦笑)。いや、実際ソロの時はどんどんズリ下がってくるのが、そのDrプレイ以上にスリリングww
そして、話題のタルちゃん。Beckが若い女性ベーシストをバンドに加えていることは耳にしていましたが、本作を見て一致しました。笑顔がチャーミングですね。そしてなんだこの肝っ玉は。ニコニコしながら大御所連中とアイコンタクトして、対等に渡り合っている様子が異次元ですね。ソロをとるタルちゃんを、Beckが敬意を込めて見守る、その視線の優しさよ。あと、おっぱ(ry

主役Beckは、この時63歳か。常に自分をアップデートしているパイオニアは若々しいということでしょうか。
さて、ここで告白いたしますが、
Beckが指弾きだって初めて知りました。

ふむ、確かにこれは興味深いわ。幼稚な感想でまっことにスマンですが、何でこんなに色んな音が出てくんだコノヤロ、って感覚です。
指弾きならではの音でもあるし、なんでピックじゃないのにこんな音出るんだよと感じる音でもある。キーボードのような音であるし、同時にギター以外の何物でもない音でもある。Aの音とBの音を出すだけじゃなくて、AとBのその間の音を出すニュアンスがあるというか。とにかく右手が凄いですね。めちゃめちゃ繊細な動き。アームを手の平で包み込こむような独特のフォームで以って、かつボリュームのノブを頻繁に、かつ自然な流れの中でいじくってる。こんなにアームを丁寧に扱う人を見るのは初めて。A Day In The Life(THE BEATLES)は歌モノ(をGtでカヴァー)だけに、ことさらその繊細さと雄弁さが伝わってきますね。
この人は機材で音を出しているんじゃなくて、自分自身の手と指と耳と感性を以って音を出しているんだなーってのがよく分かる、そんなプレイ。


で、そういうプレイを見てスゲーって思うことと楽しめるってことは、まるで別物なのです。

私ね、あんまり音(音色)に感銘を受けない人間なんですわ。要は鈍感なだけかもしれませんが。
出している音の革新性とか意外性とか独創性が、自分でも驚くほど響いてこない。初めてインギーのギターを聴いた時(フレーズはともかくね)も、PANTERAの音に触れたときもまるでピンとこなかったもんなぁ(そして、今もピンときてない)。
「このメロディをこのトーンで奏でるのか!?」と感銘を受けることはあります。旋律と音色、もしかしたら本来不可分なものかもしれませんが、要は私の場合は軸足がメロディにあるわけでして、好きでもないメロディをどんなトーンで奏でられても響かないよね…ということです。そもそも楽器をやってないってことも関係あるんでしょうけど。

本作を見ていて、瞬間瞬間はスゲーってなるんだけど、感動はしませんね。興味深いけど面白くない、というか。
正直、演奏してるメンバーは何を面白がって笑顔になってるのか、観客は何が凄くって拍手してるのか分からない場面も多々あります。特にタルちゃん、君は何でそんなにしょっちゅう爆笑してるんだ?(笑)

(見ていて)今何曲目を演奏してるのか、さっぱり分かりません。曲調や演奏のニュアンスはそれぞれ異なれど、ずっとインストが続くのはキッツいなぁーと思ってしまいます。かと言って、Joss StoneとImogen Heapをゲストに迎えたヴォーカル物になると、「やっぱインストの方が良いなぁ…」って思うからアレ(笑)
Jason Rebelloの超速弾きが炸裂し、各楽器丁々発止やりあうScatterbrainSpace Boogieは単純にスゲーッと楽しめましたね。スピード感に溢れてるから私でも受け入れられるんだと思います。因みにこの2曲はヴォーカル曲に近接して演奏してるから判別がつきました。


Jeff Beckがスゲーって言われるのは分かった。スタジオ盤よりずっと飽きずに聴く(見る)ことができるのも事実。
でも私にとって、そういう資料的価値以上のものは無いので、本作もソッと棚にしまっておこうと思います(笑)

Eric Claptonのゲスト出演?
空気でしょ。
イラネww

01.Beck's Bolero
02.Eternity's Breath
03.Stratus
04.Cause We've Ended As Lovers
05.Behind The Veil
06.You Never Know
07.Nadia
08.Blast From The East
09.Led Boots
10.Angel (Footsteps)
11.People Get Ready - with JOSS STONE
12.Scatterbrain
13.Goodbye Pork Pie Hat / Brush With The Blues
14.Space Boogie
15.Blanket - with IMOGEN HEAP
16.Big Block
17.A Day In The Life
18.Little Brown Bird - with ERIC CLAPTON
19.You Need Love - with ERIC CLAPTON
20.Rollin' And Tumblin' - with IMOGEN HEAP
21.Where Were You

スポンサーサイト

COMMENT 4

フライヤーズポンタ  2015, 04. 16 [Thu] 10:14

同感

はじめまして、フライヤーズポンタと申します。

いつも楽しく拝見しています。

まったく同感です。
何気なく観たこのライブでタルちゃんの凄さにちびってしまいました。

Edit | Reply | 

フレ  2015, 04. 16 [Thu] 20:39

時間かかりますねぇ〜多分

自分もベックは時間かかったからなぁ〜、ふとした時に、お?スゲェ!みたいになるかも…ね(笑)。
しかしヒゲさんにこれ薦めるって凄い趣味ですね。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 04. 19 [Sun] 09:21

フライヤーズポンタさん、初めまして。

コメントありがとうございます!
演奏している曲自体は別にピンとこないんですが(笑)、やはり演奏そのものは凄いなぁと思わされますね。
タルちゃんは指の動きも素晴らしいですけど、体全体でリズムを感じていて、かつまだまだ余裕があるようなところが恐るべし、です。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 04. 19 [Sun] 09:27

フレさん、

これは時間の問題なのでしょうか?感性の問題なのではなく?(笑)
私にとっては、時間が解決するかどうか…ww

普段、人から勧められるよりも自分で漁りに行く機会の方が多いので、なかなか新鮮で面白い体験でしたが、「ギタリスト、コワイ、ゼッタイ」って思わされましたね(笑)

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  Jeff Beck - Performing This Week...Live at Ronnie Scott's
  •  つい先日のザ・フーのライブの後の打ち上げで今度はクラプトンが来るぞ、そしてジェフ・ベックも来るぞ、更に一緒にライブやるんじゃないか?なんて話をしてオールドなロックファンは盛り上がっていたのだが…。それにしてもここの所の宣伝にあったのはその他にビリー・ジョエルとかジャクソン・ブラウン、ブライアン・セッツァーにロッド・スチュワート…、果たしていつの時代の来日公演の宣伝なのか、見事に大人になった...
  • 2015.04.16 (Thu) 20:37 | ロック好きの行き着く先は…