Nozomu Wakai's DESTINIAの新作にふっきー参加ァ!

デビュー作をウチのブログでも高く評価し、BURRN!誌の読者人気投票で“BRIGHTEST HOPE”を受賞した、ギタリスト若井望のソロ・プロジェクト・Nozomu Wakai's DESTINIA
次の作品がいつ出るのか、というか継続的に活動していくのかすら疑問に思っていた節もありますが、早くも次の作品としてミニアルバムの発売を予定しているようです。
で、それにふっきーがメイン・ヴォーカルとして参加しているんだよぉぉぉおおお!!

この記事を書いている時点ではオフィシャルHPの更新はされていませんが、Twitterで各チャンネルから情報が流れてきました。
整理すると、
Nozomu Wakai's DESTINIAの新作ミニアルバム「Anecdote of the Queens」(発売日未定)に、
前作でコーラスを担当したFukiと榊原ゆいが、メイン・ヴォーカルとして参加、
ということですね。

また、2人は、既に発表されている8月30日のライブ『a Live for a Scream ~One Night Only Requiem~』にもメイン・ヴォーカルとして出演することになりました。(キングレコード HR/HM部門のFacebook → コチラ。
因みに現時点で判明している出演者は以下の通り。
 若井望 (Gt)
 寺沢功一 (Ba)
 宮脇“JOE”知史 (Dr)
 小野正利 (Vo)
 Fuki (Vo&Cho)
 榊原ゆい (Vo&Cho)


ムムム…、これは新譜もライブも楽しみ…。
願わくは、ふっきーって英語の発音ヘッタクソなので(汗)、ライブはともかく新譜では日本語詞の曲が用意されていてほしいですね。


このプロジェクトの話からは少しずれますが、
ラブリー休止後のふっきーの現時点での動きを整理すると、
Unlucky Morpheusでオリジナル楽曲によるコンセプト作。
Sound Horizonの新譜「Nein」と、それに伴うコンサートに参加。
③同人サークルCarbonic Acidのアルバム参加(オリジナル楽曲)。
④今回のコレ、Nozomu Wakai's DESTINIA


Sound Horizonの件を記事にした時も触れましたが、彼女(とラブリー・メンバー)に関しては、バンバン露出(ヘンな意味ではないw)しちまえばいいんだと思ってるんですよね。とにかく彼女の歌(彼らの演奏)を聴くことができるチャンネルが増えること、これが重要。というか、そうなってほしい気持ちが強いですね。
例えば変な話ですが、今後ふっきー(とラブリー・メンバー)が「自分(=私)の好みの音楽をやって売れない」のと「自分(=私)の好きでない音楽で売れる」のうち、二者択一しなきゃいけないとするじゃないですか? そしたら断然後者を選びますわ。
そんな選択の意味ないし、選んだからといってそうなるわけじゃないし、そもそも“売れる”って何だ?という話ですがね。でもまぁ、そういうことです。幸いなことに、彼らの出してくる音に対する(自分の)許容範囲は広めだと思いますし、今んとこどれも期待できそうな動きではありますし。そもそも、私の中で、ラブリーを超えるのはラブリーだけだと思っているので、大きな期待の裏側には小さな諦念が居座っているんですわ、常に。“旅の続き”を迎えるまでは。

えー、最後はやっぱLIGHT BRINGERの話に落ち着いちゃいました(笑)
スポンサーサイト

COMMENT 0