AEROSMITH「NINE LIVES」


AEROSMITH「NINE LIVES」 (1997)

本日3月26日がSteven Tyler(Vo)の誕生日らしいので記念にここで一発AEROSMITHを。
前作「GET A GRIP」(1993)から久しぶりにリリースされた彼らの1997年のスタジオ作。私が初めて買ったエアロはGeffen Records時代のベスト「BIG ONES」(1994)ですが、初めて買ったオリジナル・アルバムは本作です。ジャケットはヒンドゥー教徒から苦情が入ったとかでつまらないやつに変更になりましたが、私が持ってるのは最初にプレスされた上記のジャケです。

当時すでにそのキャリアは20年を超えるベテランですが、本作の印象は「若々しい!」に尽きます。
これぞHRという攻撃性と躍動感溢れるタイトル・トラック①Nine Livesで始まるやいなや、次々とキャッチーかつカラフルでバラエティ豊かな楽曲が続きます。
個人的にはエアロ最強楽曲の③Hole In My Soulが収録されてるのがデカい。共作したDesmond Childのカラーが出まくりなことが功を奏し、私の琴線を刺激しまくる珠玉のバラードとなりました。抑えた歌唱から徐々に盛り上がって展開してゆき、爆発するサビが堪らんです。Stevenのパフォーマンスが素晴らしい。
この曲に限らず「PERMANENT VACATION」以降のエアロはStevenとJoe Perry(Gt)というより、二人が誰と共作するかで曲の色が決定してきたようなところがあります。だがそれでいい。むしろそっちがいい。ロックンロールというより、メロディアスかつキャッチーなHR寄りの楽曲を、ブルーズをルーツに持つロックンローラーたる彼らがプレイするというスタイルが私の好みです。初期は好みじゃないって言ってるようなもんだな(苦笑)。
~これぞエアロの魅力全開のシングル曲②Falling In Love (Is Hard On The Knees)~チェレンジ・スピリット溢れるもろ“インド”な実験作④Taste Of India~穏やかなメロディが心地よい⑤Full Circleという前半の流れは特に秀逸です。⑪Pinkみたいな「可愛い」曲があるのも彼らの人気の理由かも。曲数が多過ぎて後半ダレるのが残念ですが、彼らのカタログの中でもお気に入りの一枚です。

【お気に入り】
③Hole In My Soul
②Falling In Love (Is Hard On The Knees)
スポンサーサイト

COMMENT 0