GYZE「BLACK BRIDE」


GYZE「BLACK BRIDE」 (2015)

国産メロディック・デスメタル・バンドの2ndアルバム。チルボドっすね、ジャケが(ジャケ「も」?w)。
前作同様、プロデュース/ミックス/マスタリングはDISARMONIA MUNDIのEttore Rigottiが手掛けています。

デビュー作「FASCINATING VIOLENCE」(2013)の完成度、というかメロディのクサさは凄まじく、ウチのブログでも同年の年間ベスト記事で選出しました。そのリリース後にバンドはVictorからメジャー・デビュー、ライブをニコ生中継で流したり、「投げ銭」方式のライブを敢行したりと、話題性のある戦略と共に、人気とライブ動員は上昇しているようです。多分。

「力」作ですね。
めっちゃチカラ入ってる感、ある。
ほぼ全曲が、疾走しまくりング・チューン。

前作よりも音を「重ね」てますね。Gtメロディにせよ、Keyにせよ、隙間無く、重ねに重ねてる。より複雑になっているように聞こえます。
また、私は前作の音楽性をVeiled In ScarletSERPENT meets SOILWORKと表現しましたが、本作のメロディの質感は若干変化しているように思います。V系やアニソンをも想起させる日本的なクサメロはやや少なめになっており、より洗練されてきたかな。またクリーンVoの割合が激減したせいで、SOILWORKっぽさは無くなりました。全体的には、それこそDISARMONIA MUNDIに接近している感じがあります。
その辺の変化はありつつも、相変わらずRYOJI(Gt&Vo)のメロディ・センスはズバ抜けている。素晴らしい。


では諸手を挙げて歓迎できる作品なのかというと、そんなことないんですよね。期待が大きかったのも事実ですが、ちょっと肩透かしをくらったような感じ。

まず、Ettore Rigottiの起用。これがまるでプラスに働いていないように思えるのがイタイですね。音が悪い。ヘンな迫力がある反面、ゴチャゴチャしてて見通しの悪い音作り(ミックス?)ですし、肝心の主旋律が音の塊の中で埋もれているようで、クッキリと浮かび上がってきません。Andy Sneapに依頼しろとは言わないまでも、ビクター・スタジオのエンジニアに任せた方が数倍クリアでエッジのあるサウンドで仕上げてくれたような気がします。残念。
また、上記のように、本作の曲って音を重ねている印象が強いので、それが音質とのダブルパンチになっていて、もうとにかく「過剰」。メロディ垂れ流しっぱなしのやり過ぎ感がアルバム全編を覆っており、どこが聴き処か分からない状態です。というか、全部聴き処なのかもしれないですけど、個人的には、クサメロ部分とメタリックな部分とのメリハリ、「押し」に対する「引き」が欲しかったですね。これでもかというほどの弾きまくりをみせる④INSANE BRAIN⑤BLACK SHADOWの流れでもう胃もたれしちゃう…。
重ねて言いますけど、個々のメロディ自体はとても充実していますし、パーツパーツ抜き出すと心魅かれるところが多いんですけどね。

前作では同じくDISARMONIA MUNDIからClaudio Ravinale(Vo)が参加してましたが、今回は不参加。よってヴォーカル面に関しては少々劣化(VoはRYOJIとARUTAが担当)しているようにも思えますが、正直さほど気にならなかったですね。全体的な音が悪いから(苦笑)。そして、演奏と比較してVoは軽視されてるようなミックスだから。元々の音楽性自体が、VoよりもGtメロディに重きを置いたもの、ということもありますね。
Claudioの代わりといっちゃなんですが、EttoreがクリーンVoで③HONESTYに参加してます。日本語で。
え!?
わざわざEttoreに歌わせるのに日本語の歌詞なの!?
…と確認せざるを得ませんが、マジです。「タァタ、カッテルゥ~(闘ってる)」とか片言の日本語で歌ってます。英語と日本語、担当が逆だろ!?、と(笑)。
まぁこの曲だけに限らず、このバンドは英詞の方が合っているような気がします。日本語パートにイモ臭さを感じるから。


前作の方が好きですね。
因みに、前作のメロディの方が好みではありますが、メロディの質感の変化は私にとってはそれほどマイナス・ポイントではないです。
それより、印象的なメロディを生み出す才能はあるんだから、それが最も輝くようアレンジ面や最終的なアウトプットにまで気を配ってほしいな、というのが実際のところ。ただ単に、私の嗜好とバンドの進みたい方向に齟齬が出てきただけかもしれませんけどね。

【お気に入り】
①BLACK BRIDE
⑦TWILIGHT
↑この2曲はかなり好き。
スポンサーサイト

COMMENT 2

膝に矢  2015, 03. 07 [Sat] 15:12

始めまして。やはり音の詰め込みっぷりが気になりますよね。前作でも音がくっついているような感じで少し聴きづらい印象があったのですが、正直その点に関しては悪化したように思われます。メロディは相変わらず素晴らしいですしクリーンが減ったのも個人的には良いのですが...

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 03. 07 [Sat] 19:59

膝に矢さん、

コメントありがとうございます!
ごちゃごちゃしてて、ちょっと勿体無い感じはしましたね。美点がはっきりしてるバンドだけに余計に。
前作の流れでEttoreに依頼しただけで、いつまでも一緒にやるわけではないと思いますが。次作に期待します。

Edit | Reply |