PASSPO☆「渋谷公会堂 フライト DVD ~さようなら ぱすぽ☆ こんにちは PASSPO☆~」

passpo_渋谷公会堂フライトdvd
PASSPO☆「渋谷公会堂 フライト DVD ~さようなら ぱすぽ☆ こんにちは PASSPO☆~」 (2013)

アテンション、プリィィィィィィィイイイズ!!

プラチナム・パスポート所属のアイドル・グループ=PASSPO☆が、改名前の「ぱすぽ☆ 」名義で行った最終公演を収録したDVD。渋谷公会堂ソールドアウト。
2012年の最終公演であるこのフライト(ライブ)のアンコ-ルにて、「ぱすぽ☆終了、PASSPO☆に改名」のサプライズ・アナウンスがなされます。ですので、PASSPO☆名義での活動は、翌2013年1月1日がスタートということになります。

過去の記事で何回か書いているように、PASSPO☆のバックバンドであるThe Ground Crewって、HR/HMバンドなわけですよ。で、そのグラクルが登場する映像作品ってないんだろうかって思ってTwitterのフォロワーさんに教えてもらったのが、本作。本編後半のWING以降の楽曲は、The Ground Crewと一緒のパフォーマンスになります。
この時点でのグラクル・メンバーは、ペンネとアラビアータ機長こと阿久津健太郎(Gt)、元SEX MACHINEGUNSのPanther(Gt)とHIMAWARI(Dr)、UNITEDの横山明裕(Ba/故人)。多分、私が横山氏の演奏してる姿を見るの、これが初めてでした。


9人編成。
メインVoを担当することの多い森詩織と根岸愛のみハンドマイクで、他のクルーはヘッドセット・マイクを使っての歌唱です。

この日初披露となったシングル曲サクラ小町(良曲!)を除いて、タイミング的に「JEJEJEJET!!」(2013)以降の楽曲は入っておらず、セットリストとしては少々物足りなさを覚えるのも事実です。ですが同時に、このグループの曲はキャッチーなものが揃っているなぁとも感じるんですよね。少女飛行With XXXXとかなかなか強力よ。
また、何度も彼女達のライブや映像を観てるわけじゃないのに、振り付けが曲と結びついて記憶に残ってることに気づきます。このグループの場合、カッコイイのだけじゃなくてコミカルなダンスも多いんですけど、ところどころ特徴的な動きがあって、振付師の竹中夏海先生すげぇわ、ってなる。クルーの動きがあんまりキビキビしていないところでは、時々学芸会のお遊戯っぽく見えてしまうんですけどね…。。。。

見どころはやはりThe Ground Crewが登場するライブ後半ということになります。「当機はこれから乱気流に突入します」的アナウンス・ムービーを経て、衣装チェンジしてのWINGのクールさよ。
バックバンドがいるからといって、激しめ重めの曲ばかりが並ぶわけではありません。また、バンドもヘヴィさのみに焦点を当てた演奏をしているわけではありません。感触としてはカラッとしたアメリカン・(ハード)ロック調の演奏かな。テンポがそれほど速くないこともあって、HIMAWARI余裕たっぷりです。スティック回しまくり。そして横山氏はほんとに3弦のベース弾くんだな、と。
バンドの生演奏って「音」の面からしても良いですけど、見た目のアドバンテージもありますわね。特にギター2人はなかなか絵になります。グラクル・メンバーも、バックバンドとしてその場にいるだけの存在ではなく、クルーと一緒にステージを作り上げる一員として編集されているところが好印象です。「アイドル・グループの映像作品」と捉えると、結構画面に出てくる頻度は高いんじゃないかな、と感じます(比較材料が乏しいですけど自分)。もっと(バンドを)映してくれてもいいですけどね。Gtソロの時くらい手元を中心に映してほしい気もするけど、それはまぁしょうがないかな。

ハイライトはLove Diary夏空HANABIマテリアルGirlという本編ラストでしょうか。充実のDVDです。
もしかしたらこの作品だけじゃないのかもしれないですけど、今となってはグラクル・メンバーとしての横山氏を拝むことの出来る、大変貴重な作品でもありますね。


01. Boarding -Opening SE-
02. LA LA LOVE TRAIN ~恋の片道切符~
03. 少女飛行
04. ViVi夏
05. Hello
06. Street Fighter
07. キス=スキ
08. ピンクのパラシュート
09. With XXXX
10. Go On A Highway
11. じゃあね...
12. 君色のサンバ

*** with The Ground Crew ***
13. WING
14. ウハエ!
15. Next Flight
16. サクラ小町
17. Tap My Toe
18. ダムダムフリーダム
19. バスタブ
20. Love Diary
21. 夏空HANABI
22. マテリアルGirl

ENCORE
23. No.1 Boy
24. WANTED!!
25. Dear My Friends


スポンサーサイト

COMMENT 0