Veiled in Scarlet「THE UNDERWORLD」


Veiled in Scarlet「THE UNDERWORLD」 (2015)

神戸の異臭騒ぎ厳戒態勢・クサメロディック・デスメタル・バンド、Veiled in Scarletのシングル。2曲入り。新加入したEN(Ba)が担当したアートワークも良い感じですね。
私はライブ会場の物販で手に入れましたが、オフィシャルHPで通信販売もしているようです。

正式ヴォーカリスト不在の為、VoパートはBleed Outの新行内芳明が担当(クレジットは「SHIN」)しています。ライブサポートVoは、ここ最近は道元(THOUSAND EYES, AFTERZERO)が担当していますが、音源も彼が歌っちゃうと(メロディの質感は異なれど)千眼との差別化ができませんしね。個人的にも、ハードコア風味のあるシャウト・スタイルの道元よりも、まっとうなグロゥル(ってヘンな表現だが)を操る新行内の方が、バンドの方向性に合致していると思いますね。声自体もかっこいいし。

KEIJA(Dr&Key)が作った①THE UNDERWORLD②SCARLETの2曲、双方、彼らなりの王道と言ってよいでしょう。共に哀メロを重ねつつごく自然に展開してゆく楽曲なので一概に言えないのですが、大雑把に捉えると、適度な疾走感と激烈さを保ちながらサビ&大サビでクサいGtが爆発するアンセム、メロウな旋律を丁寧に積み上げてゆくという感じでしょうか。両方、甲乙付けがたい素晴らしさ。

やはりKEIJAのメロディ・センスは只者じゃない。泣きと気品を封じ込めた、トレードマークたる哀愁のGtメロディは正に天才の御業。
最高ス。アルバムが楽しみですね。

スポンサーサイト

COMMENT 0