Lilith Abi「GREAT MOTHER」


Lilith Abi「GREAT MOTHER」 (2012)

Crossover popsバンドこと、Lilith Abi (リリス・アバイ)の2ndアルバム。このジャケとロゴ、好きー。

3rd「hiatus」、新曲入りの1stリメイク「The Return of Pink Elephant」、そしてこの2ndと、3枚の中では、私は本作が一番好きな作品です。

音楽的には、ポップス/ロックの感触が強めで、そこにジャジーなアレンジを加えたもの。他の作品同様、様々な音楽ジャンルを“クロスオーヴァー”していながら、最終的には薫(Vo)の歌唱が纏め上げるという大枠は一緒。ただ、各々の要素の配分が少しづつ異なる印象です。
ポップス/ロック色が強いってことは、J-POPから音楽を聴き始めてそこからヴィジュアル系音楽やHR/HM、プログレ等々へと広がっていった私の音楽趣味にとっても「根っこ」のようなものなので、ジャズやサイケに寄った音楽性よりは馴染みの深いものになります。そういったこともあってか、このアルバムの曲で響いてくるものはとても多いです。
というか、全部だ。

いつも通り、最初と最後に①prologue⑫epilogueを、ド真ん中には⑦interludeを配置して、まるで鏡のようにA面B面を意識させるアルバム構成が美しいです。そんな構成に従ってか、個人的には前半と後半にそれぞれハイライトがあるような仕上がりに感じますね。譬えると、まるでフタコブラクダ(二瘤駱駝)の瘤のように…。全部良いんだけど、その中でもお気に入りの楽曲、という意味でね。

前半は4~6曲目、後半は9~11曲目がそれに当たります。1曲ずつ簡単に。
④さくら
流れるようなスペーシーなKeyが特徴のポップ・ロック曲。歌メロはキャッチーだけどバックの演奏は結構ヒネクレていて、後半、躍動感を増すDrに釣られてか、広がりをみせるところが◎。

⑤星謡
重めのシンフォをバックにしたバラード。すげー好み。優し気であると同時に包み込むような母性を感じさせる薫の歌唱が光っており、彼女のVoの良さを最大限に引き出した名演だと思いますね。

⑥イエソド
これはキラーですよ。CMでもドラマでもいいけど、そういうタイアップにさえ耐えうる大衆性と普遍性と、同時に超絶胸キュンモノの哀感を併せ持つ名曲。
歌詞の内容に関係ないかもしれませんが、私にとっては5月くらいから初夏にかけてのイメージが湧いてくる曲ですね。木漏れ日がキラキラしてる感じ。まぁ初夏に限らず季節感や時間の流れを強烈に感じる曲でして、それはあまりにもキャッチーな、「ticktack ticktack…」という時計の音を模したサビメロに依るところが大きいですかね。

後半。
⑨光りの雨
ライブでも頻繁に演奏される代表曲で、本作の中では最もハード・テイストな部類かも。自由自在に活躍するサックスが大フィーチャーされたジャズ色強めの曲ですが、要所々々で炸裂するキメと、鮮やかかつ起伏のある場面展開はプログレッシヴ・ロック的でもある。それでいて、サビメロは伸びやかな歌い上げが映えるってのがつよい。つぉい。

⑩水の戯れ
曲名から想起されるイメージ通りの、ゆったりと揺蕩う穏やかな曲。地声とファルセットをごく自然に行き来し、吐息さえも歌を構成するパーツの一部として機能させる薫の歌唱力と表現力が素晴らしい。

⑪Neverending War
コンパクトな曲が多いリリスにしては割と長めの、6分を超える曲。歌詞カードが無いので分からん部分もありますが、反戦歌でしょう。シンフォ色強めのプログロック・チューンで、全編ソロを叩いてるようなDrプレイがものすごいんですが、その印象だけに引っ張られない曲作り/ムード作りが秀逸。終盤に向けて緊張感を高めてゆくような構成も光っていますね。


私はどうしてもまずはVoに耳が行ってしまいますが、歌メロのキャッチーさとロック色強めのバンド演奏、双方の美味しい部分が緻密にバランスされた作品だと思います。
名盤と言い切ってしまいたい。リアルタイムで聴いていたら、年間ベストに入っていたな。
もう生産終了しててCDでは手に入らないんだけどね ι(´Д`υ)
iTunesのダウンロードでは買えるのかな。

【お気に入り】
⑥イエソド
⑨光りの雨
⑤星謡
⑩水の戯れ
⑪Neverending War
④さくら

本作の中からが、5th「shelter」でリメイクされることになります。

スポンサーサイト

COMMENT 0