奥田英朗『オリンピックの身代金』

奥田英朗_オリンピックの身代金
奥田英朗『オリンピックの身代金』 (角川文庫、上・下)

奥田英朗の『オリンピックの身代金』を読みました。
あらすじ説明するの面倒なんで出版社の説明をコピペです。
  ↓

「これが私の現時点での最高到達点です」奥田英朗
超弩級の犯罪サスペンス
昭和39年夏、東京はアジア初のオリンピック開催を目前に控えて熱狂に包まれていた。そんな中、警部幹部宅と警察学校を狙った連続爆破事件が発生。前後して、五輪開催を妨害するとの脅迫状が届く。敗戦国から一等国に駆け上がろうとする国家の名誉と警察の威信をかけた大捜査が極秘のうちに進められ、わずかな手掛かりから捜査線上に一人の容疑者が浮かぶ。圧倒的スケールと緻密なディテールで描く犯罪サスペンス大作!

日本を強請れ!
高度経済成長の光と影のあわいで東大生の知略と国家の威信がぶつかる!
吉川英治文学賞受賞作!
急死した兄の背中を追うようにオリンピック会場の建設現場へと身を投じた東大生・島崎は、労働者の過酷な現実を知る。そこには、日本が高度経済成長に突き進む陰でなお貧困のうちに取り残された者たちの叫びがあった。島崎は知略のすべてを傾けて犯行計画を練り、周到な準備を行なう。そしてオリンピック開会式当日、厳重な警備態勢が敷かれた国立競技場で運命の時を迎える! 吉川英治文学賞を受賞した、著者の代表作。



どうですかコレ!とても面白そうでしょ?!
文庫化されるのを楽しみにしていて、期待感に胸を躍らせて読み始めましたよ!


結論:
ここ数年に読んだ小説の中で一番つまんない。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓
あ~あ。がっかりです。

読者に犯人が明かされて犯人視点で物語が進んでいく、いわゆる「倒叙」形式の作品です。このタイプの小説は、「共感できる犯人か」もしくは「魅力的な犯人か」という要素を満たせなければ失敗する可能性が高いと思います。この点で東大生・島崎はダメ過ぎる。全然魅力的ではないんですわ。何やりたいか分からんし。

金が欲しかったの?一泡吹かせたかったの?どっち?
なんで脅迫状を警察だけに送るの?マスコミには?
なんで東大生という「立場」を利用しないの?

「東大生の知略と国家の威信がぶつかる!」だそうですが、そんなことありません。ぶつかりません。肝心の東大生、まるで頭使ってませんし。行き当たりばったりだし。ヤク中だし。

この作品の目玉はミステリ/サスペンス部分ではなくて、格差社会の描写だったのかもしれませんが、それにしてもあまりにミステリ/サスペンス部分がお粗末です。
場当たり的な対応。ご都合主義な展開。あと一歩という場面で何度も取り逃がす公安警察。リアリティ重視の小説にも関わらず(ヒロポンの力を借りて?)超人ハルクのような活躍をする島崎。不人気漫画の連載打ち切りのようなラスト。
なにもかも中途半端ですわ。
本作を一言で表すと、『興ざめ』です。

こんなつまらない小説書く人だったかな奥田英朗は?
『最悪』も『邪魔』も『サウスバウンド』も非常に面白かったのに。
スポンサーサイト

COMMENT 0