RONDONRATS。「ADDICTION」


RONDONRATS。「ADDICTION」 (2009)

広島出身、女性Vo、ツインGt編成の5人組ロック・バンド、RONDONRATS。
本作は7曲入りの2ndミニアルバムで、以前感想を書いた1stフルアルバム「BEAUTIFUL」(2011)の1つ前の作品になります。他の作品同様、ブックレットがテラテラの上質紙でウホ♡って感じ。

2015年の秋から活動拠点を地元・広島から東京へと移したバンドですが、その過程でドラマーのTAISHIが脱退しています。音源だけでなく、ライブの場でもスパンスパンとキまる彼の気持ち良いプレイは大好きだったので、脱退は残念極まりないですが、おそらくは家庭の都合もあったんでしょうね。音楽活動で生活していけるわけじゃないでしょうし、生活環境を丸ごと移すってのはバンドのキャリアにとってもメンバー個々人にとっても大ごとでしょう。
※その後、今年6月に新ドラマー・YUKI(♂)が加入しました。おめ。

さて、そんなバンドの現況とは別に、この作品のリリ-ス時点では、
 mamiko (Vo)
 kouta (Gt)
 so (Gt)
 820 (Ba)
 taishi (Dr)
というメンバー編成です。小文字表記だ。あと、TETSU(Gt)加入前だ。

音楽的にはまだまだ荒削りで、次作で花開くラッツらしさが表出していないという感じですね。具体的に言うと、まだリフ志向じゃないんですよね。RONDONRATS。ってこうしたロック系にしては明確なリフっぽいリフを刻むバンドですが、ここではまだコードをかき鳴らしている感が強いような。そもそも演奏というより歌メロ主導の曲が多いかな。バランス的に。
mamikoも自分なりの歌い方をまだ会得してない感じかな。一発で彼女と分かる個性が、声や歌いまわしに今ほど滲んでない。

また、現在の彼らと比べるともっとストレートで青いですね。例えばHi-STANDARDのような、メロコアっぽさを感じる。
でもこの時点で既にGtソロはフィーチャーしてるし、突っ走るだけじゃなくて、哀愁のメロディセンスは光ってますけどね。③星月夜④万華鏡⑤tonight, tonightという流れは特に強力。歌詞(言葉)のメロディへの嵌め込み方に、次作へと繋がる“らしさ”が溢れているような気がする。いや、ただ単に私の好きな要素を、それらの楽曲に見出せたってだけのことかもしれないけど。


演奏の力強さが十分に伝わってこない音質の悪さが残念ですが、今もライブではこのアルバムからの曲をやるのです。原点みたいなものか。
割と定番曲、①SherryのMVは → コチラ。

【お気に入り】
⑤tonight, tonight
③星月夜
④万華鏡

スポンサーサイト

COMMENT 0