DIE IN CRIES「Eros」


DIE IN CRIES「Eros」 (1993)

メジャー3rdアルバム(トータル4枚目)。
とりあえずブックレットのYUKIHIROリーゼント。

ちょっと大人しめな曲が多いような気もしますが、完成度で言えば最高作でしょうか。とても緻密で凝った音のアルバム。音作りも演奏も、よりカラフルになりましたね。色合いは1曲の中でも千変万化し、でもアルバム全体ではとっ散らからないで統一感があるという。
たった1年前なのに、前々作「VISAGE」(1992)にあった引き摺るような陰鬱さは既にここには無く、それは妖しさと官能美を伴ったまま優しさに置き換わった。そんな作風。

哀しくなるほどメロディが美しい。メロディからも歌詞からも、諦念を秘めた優しさのようなものが感じられ、それはバンドのラスト・アルバムが次作「Seeds」(1995)ではなく、本作であるかのように錯覚してしまうほど。
アルバム中盤の、穏やかな⑤(with my song) to you~KYO(Vo)が切々と歌い上げるバラード⑥I Wish You'll be Happy⑦接吻という流れが特にそれを象徴しています。

本来ならバンドの攻撃的な面を表すはずのアップテンポの曲でも、ここではその美しさの方が先に立つ感じがあります。インパクトのあるサビで始まる王道曲①Nocturneもそうだし、続く②Through the Looking Glassもそう。特に後者は、フックしかないメロディ運び、ピタリと噛み合った歌詞と歌唱、ツボを得た演奏と、完璧に揃った彼らの最強楽曲だと信じてやまない、キラー・チューンです。
⑨...To LOVE, Too DESIRE1曲のみがめちゃめちゃダークで、アルバムの中でも異様な存在感を放っています。もうね、この曲の演奏、何がどうなってるか分からんです、テクニカルかつ凝り過ぎてて(笑)。DrもBaもGtも。Voも声の使い分けとか一筋縄ではいかないですね。

TAKASHI(Ba)とYUKIHIRO(Dr)の強力なリズム隊が生み出すウネリはさらに存在感を増し、③lust-proudではフュージョンを思わせる洗練を感じられるし、④リザード⑧「ヴェルトの眼」あたりの奇妙なノリは、このバンドならではのもの。高校~大学生の頃か、当時はまるでピンとこなかったここらへんの楽曲が今聴くと実に響いてくる。のサビの浮遊感と広がりや、のVoの凝った重ね方なんて巧いもんなぁ。


傑作ですわ。傑作。

【お気に入り】
②Through the Looking Glass
⑥I Wish You'll be Happy
①Nocturne
⑤(with my song) to you
⑨...To LOVE, Too DESIRE
スポンサーサイト

COMMENT 0