Jupiter「THE HISTORY OF GENESIS」


Jupiter「THE HISTORY OF GENESIS」 (2015)

V系シンフォニック・メタル・バンド、Versaillesの楽器陣が組んだバンド(って枕詞はもういらないですかね?)の2ndアルバム。

2013年のデビュー作「CLASSICAL ELEMENT」は、メインソングライターであるHIZAKI(Gt)とTERU(Gt)の色が素直に出た、期待通りの良作でした。新たに迎えられた無名(だったよね?)のVo・ZINの歌唱力がウンヌンという評判(頼りないとか、下手とかww)もありましたが、私はそれほど気になりませんでしたね。まぁ、線は細いですし、上手いかと問われればそんなことはないんですが、その声に宿るナイーヴさ(って、なんかえらくポジティヴな響きだな/笑)は魅力だと思いますし、曲毎に器用に歌唱法を変えられるところは、彼自身とバンド双方の武器なのではないかな、と。

この2ndでもその特徴はそのまんま、いわゆる延長線上にある作風です。美点をそのまま伸ばした感じ。よって、Versaillesよりもメタリック、かつ現代的。演奏はプログレ・メタル的な緊張感を湛えています。勿論、ツインリードGtも派手にフィーチャー。
HIZAKIとTERUの2人はメタル大好きーッ!って感じだもんなぁ。それも、このバンドの主たる影響元である、メロパワ/メロスピやシンフォニック・メタルだけでなく、エクストリーム系のかなり先鋭的なところまで網羅しているのではないかしら。③Darkness④B.L.A.S.T⑨絶望ラビリンス⑪ARCADIAあたりの曲は、かなり激烈ですね。なんて、最早シンフォニック・デスメタルですわ。そして、そういった試みが彼らの持ち味である美しいメロディと共存した上で成功していること、これが素晴らしいと思いますね。の出来はその点でも、白眉。
しっかし、本作の楽曲は全体的にキメが多いので、YUKI(Dr)とMASASHI(Ba)のリズム隊はなかなか大変そう…。特にYUKI。

ZINの歌唱ですが、より攻撃性を増した楽曲に合わせるようにか、(私が考える)彼自身の持ち味から逸脱してるところがあるのが少々気になりますかね。具体的に言うと、「食らいつけ」「邪魔する者は一撃を喰らわす」「叩き潰せ」といった歌詞部分における妙に力の入り過ぎた歌唱。そういう歌い方をするには、まだ役不足でしょうか。
あと、泣きのインスト⑦Church Candleを序曲のようにして始まる⑧Red Carnationは、ソプラノVoを迎えた演劇的な新機軸ですが、ヴァースにおける朗々とした、というか朗々とあろうとしている歌唱に無理があり過ぎて、思わず吹き出しちゃいました(笑)。曲自体はとても良いんですけどね。
まぁ前作よりかなり健闘していますし、より多彩な歌い方が求められる楽曲が揃っているように思いますが。

彼らの美点を集めたようなキラー・チューン①The Birth of Venusから、歌メロはスムーズで流麗だけど演奏はキメが連続するというシングル曲②LAST MOMENTで掴みはオッケー。アグレッシヴな曲やバラード⑤THE MOON、一際ポップな⑩Shiningという振り幅を見せながら、8分近いプログレ・メタリックな大作⑬The History of Genesisで締めくくる、全13曲。
目まぐるしくも、攻撃性とメロディの美しさに秀でた傑作ですね。HIZAKI、曲作り頑張ったなぁ…。
去年リリースされたKAMIJOの一連のソロ作品も素晴らしい出来でしたが、敢えてJupiterと比較すると、歌メロはあちら(KAMIJO)に、演奏面ではこちらに軍配が上がる感じでしょうか。いずれにせよ、好きな音楽が増えて嬉しいですよあたしゃあ。
(通常盤の方が1曲多いの把握してなくて、DVD付きの初回限定盤買っちまった…orz)

【お気に入り】
⑥氷の中の少女
王道中の王道。これぞHIZAKIって感じだよなぁ。
①The Birth of Venus
いきなり大団円的な大仰さ、有り。間奏の展開はかなりの聴き応え。
⑨絶望ラビリンス
⑪ARCADIA
②LAST MOMENT


裏ジャケを見ると、HIZAKIたんの女装もそろそろキツくなってきた感があって…クッ…(涙)
スポンサーサイト

COMMENT 2

kazz_asai  2015, 01. 30 [Fri] 22:47

会心作

アレンジには多少疑問を感じる部分もありますが、劇的な演出という面では成功していると言えましょうか。
全体としては前作以上にHIZAKIの才能が発揮されていると感じました。
それにしても、ZINのVoってあまり評価されていないのでしょうか…この音には合っていると思うのですが。

Edit | Reply | 

ヒゲ・スカイウォーカー  2015, 02. 03 [Tue] 06:22

kazz_asaiさん、

充実作ですね。ライブで再現できるのか不安になるくらいアグレッシヴで。なんせV系の場合、ライブ中は演奏や歌唱だけじゃなくて、色々と気をつけることありますからね。ポーズだったり、視線だったり、ちょっとした振り付けだったり(笑)そういうのも同時にやらないといけないので(笑)

ZINは音楽性にはあっていると思います。V系ファンにはオッケーでも、メタルファンには可愛らし過ぎるんでしょうか?

Edit | Reply |