CHTHONIC「FINAL BATTLE AT SING LING TEMPLE」


CHTHONIC「FINAL BATTLE AT SING LING TEMPLE(醒靈寺大決戦)」 (2012)

CHTHONICが2011年10月22日に地元・台湾の醒靈寺にて行った記念すべきライブを収録した映像作品。劇画っぽいジャケットが最高にかっこいいですが、Dorisちゃん(Ba)は本当はもっと可愛いはずだぞ。CDレーベルの切り絵風イラストも凝っていて素敵です。DVD+CD2枚組で3000円は安い。皆さん、買いましょう。日本語字幕は無いけど。醒靈寺は5thアルバム「MIRROR OF RETRIBUTION」の題材となった二・二八事件の起こった舞台でもありますし、6th「TAKASAGO ARMY」にも登場しました。寺の駐車場に敷設されたステージがかっこいい(特にバックドロップ)です。

chthonic_poster.jpg
レトロ調の告知ポスターがとてもいいね。

ライブは2部構成になっています。4th「SEEDIQ BALE」「MIRROR OF RETRIBUTION」からの楽曲が披露される第1部、「TAKASAGO ARMY」が全曲演奏(収録順ではない)される第2部です。
台湾でのライブですので、MCと楽曲は台湾語バージョン(MCは中国語か?)です。Freddy(Vo)が曲間にやたら長々と喋り倒しますが、字幕がないのでさっぱり分かりません。雰囲気はとても和やかです。台湾語verの曲は英語版を聴きなれた耳には新鮮、というかやや違和感がありますね。音質はそれほど良いとも思えませんが、2011年の来日公演を観て不満に思った点(メロディが聴きとりにくい)は払拭されています。特にJesseのテクニカルなギター・プレイが目立っていて良いですね。あとDorisちゃんのコーラスも聞き取りやすい。テープも使ってますが。でも映像を伴わないCDではちと音の悪さが気になるかな。画質についてはクレーン・カメラによる映像は鮮明ですが、手持ちカメラの映像がやや粒子が荒いです。しかしそれさえもドキュメンタリー的な迫力を与えているように思えます(←めっちゃ好意的)。

ライブ中、紙幣を模したお札みたいな黄色い紙吹雪が大量に観客からバラ撒かれるのですが、それが異様なムードを助長していて素晴らしいです。この特別な会場と機会に際してバンドも観客も気合が入っていて良いパフォーマンスが収録されたのではないでしょうか。選曲もベスト、第1部のハイライトはラストのBloody Gaya FulfilledQuasi Putrefactionかな。しかし目玉は第2部の傑作「TAKASAGO ARMY」の全曲演奏でしょう。スモークが大量に焚かれる中、異様なテンションで突っ走るKaoru、クッサクサの疾走パートでの、国民党の旗への放火パフォーマンスを収録(PV化された)したQuell The Souls In Sing Ling Templeが見どころ。このPVはライブの雰囲気を感じるのに最適ですね。アンコールはTakaoから。この曲の台湾語コーラスだけは聴き覚えがあるぜ!思わず興奮しちゃって、ディスプレイ前の私も「トー、カンッギ、ホンギン!」って似非台湾語コーラスでライブ参加ですよ!サビ後にはFreddyがIRON MAIDENのTrooperバリに「高砂軍」の旗を掲げます。このパートの歌メロが絶品なんですけど客にまかせっきりです。旗振るのに夢中で。そしてこの曲の最終コーラスからLAMB OF GODのRandy Blythe(Vo)が登場です。着ているMISFITSのTシャツのドクロはニヤケてるがRandyはニヤけるどころか本気超本気っす!物凄い咆哮を炸裂させております。ノッシノシ所狭しとステージを歩き回る様子は、「関わりあっちゃイケナイ」オーラ満点です。昔こういう風に動き回ってて、よく母親から「動物園の熊みたいにウロウロしないで!」って注意されたもんです。動物園の熊Randyはこの後のOceanquakeでもFreddyと共に吠えます。もち超本気。そしてメンバー紹介の後、徐々に緊張感の高まっていく名曲Broken Jadeで締めです。

彼らのファンは勿論、「TAKASAGO ARMY」を気に入っている方は是非観て&聴いてほしい作品です。選曲、プレイ、ステージ、紙吹雪、動物園の熊(笑)と見どころ沢山ですので。安いし。最大の見どころはDorisちゃんなんだが。

気が早いですが、次に発売する映像作品では英語versionでプレイしたものが見たいなぁ。あとマルチアングル映像も追加収録で。勿論Dorisアングルですよ、社長。DVD2枚組で1枚はDorisアングルDiscでもいいよ(笑)。
あとライブ中Dorisちゃんヘドバンすると髪が顔にかかって、そのご尊顔を拝することが出来ないので、次からはこの(↓)髪型でよろしく。
chthonic_doris2011.jpg
スポンサーサイト

COMMENT 0