Mardelas「Daybreak / Phantasia」

mardelas_daybreakphantasia.jpg
Mardelas「Daybreak / Phantasia」 (2014)

2015年4月に、KING RECORDSのNEXUSレーベルからメジャー・デビュー・アルバムを発売することも決定している、Mardelas。元DESTROSEのVo・蛇石マリナによるソロ・プロジェクト、…のはずでしたが、これはもしかしたらもう「バンド」なのかな?メンバーはこの記事を書いている時点では、(正式/サポートの別も含めて)未発表な為、定かではありませんが、まぁレーベルはLIGHT BRINGERと一緒よね…(イミシン)。

この「Daybreak / Phantasia」は2曲入りの(デビュー)シングル。結果的に、インディーズでの唯一のリリース物となるようです。DESTROSE時代には作詞作曲共に、そしておそらくはアレンジまで手掛けていたであろう彼女ですが、ここに収められた2曲の作曲者は、Screaming Symphonyのkikyo(作詞はMarina)。これにはちょっと驚きましたね。楽曲制作は全て本人が手掛けて、あとは「演奏陣」という体制だと勝手に思っていたので。kikyoは所謂、「パートナー」的な感じなのかしら?
演奏について(ライブ同様)、Gtはkikyo、BaはLIGHT BRINGERのHibikiが手掛けているようです。Drのクレジットが無いんですが、サンクス・リストのMasamiというのがそれなのか、はたまた打ち込みなのか、不明。

彼女のクセのある歌い回し(声自体についてはそれほどクセがあるとは思わない)には、バックの演奏もアクが強くて自己主張するものの方が合うんじゃないかと思っていました。Voのそのクセが演奏によって中和されるんじゃないか、と。DESTROSE時代はそのバランスが取れていませんでしたが、ここにきて彼女の実力に見合う演奏陣を迎えたことで、こじんまりとした感じは雲散霧消、優れた正統派HR/HM(ジャパメタ臭有り)に仕上がっていると思います。(以前は気になった)ヘンにロックっぽさを意識したような歌い回しもそれほど気になりませんね。
キャッチーな①Daybreak、サビでアクセルを踏むように加速する②Phantasia、共に彼女らしいメタル・チューンです。破綻しないほどに適度に暴れ回る演奏の上で、自由自在に駆け巡るVoがいいなぁ。元々歌唱力には定評のある人ですし。
Gtに関してはもうちょっと太いトーンの方がVoとぶつかり合う感じが出て良いと思いますが、所々ツインでハモるところがあって美味しいです。HibikiのBaが音/フレーズ共に生きてくる曲作りが為されると、もっと私の好みに近くなるけど。
アルバムがとても楽しみですね。さらなるVoと演奏の鍔迫り合いを期待します。

しかし「夜明けに帰りたい」ってリフレイン()を聴くと、飲兵衛の先輩に一晩中連れ回されて帰りたいのに帰れない後輩君の悲哀が伝わってくるようで、ちょっとアレ(笑)

国内メタル、特に女性Voモノに関しては、KING・NEXUSとVictorのメジャー2強による青田買い合戦みたいな様相になってきましたね。言い方はアレですが。かつ、「2強」ってほど“強い”市場でもありませんが(汗)。


……という記事をアップしようとしてたんですが、
そんな時にMardelasのFacebookにこんなお知らせが。

この度、予てよりサポートドラムとして参加していた
弓田"Yumi"秀明の正式加入が決定し、
Mardelasは4人編成バンドとして活動していくこととなりました。


あ、Yumiが正式加入。
というか、コレ、「バンド」だったんだ!?
ということはkikyoもHibikiも正式メンバーなんだ。
アー写も4人分並んでいるものがアップされましたしね。

…ということらしいです(笑)
う~む、MY最強リズム隊がラブリーからこちらに移籍したような格好だな。
スポンサーサイト

COMMENT 0