FEEL SO BAD「AFFECT on your brain」


FEEL SO BAD「AFFECT on your brain」 (1994)

国産ロック/ラウドロック/メタル・バンドのデビュー・アルバム。

ビーイング所属の作詞作曲家、川島だりあ(Vo)のソロ・アルバムの制作に倉田冬樹(Gt)が参加したことが、このバンドの結成に繋がったという認識ですが、この1stの時点では「バンド」というよりは2人のユニットと言ったほうが正しいでしょう。リズム隊はサポートですが、さすがビーイング人脈といいましょうか、その顔ぶれが物凄いことになっています。永井敏己(Ba)と、手数王・菅沼孝三(Dr)。
プロデュースは倉田&川島とともに、川島のソロ作2枚にも参加していたEARTHSHAKERの西田昌史が携わっています。

「ビーイング」というのは音楽制作会社の名称であって、音楽性を表すものではありませんが、その言葉を耳にするとなんとなくイメージされる音があるはず。それは織田哲郎/栗林誠一郎/明石昌夫/葉山たけしといった作編曲家だったり、B'zT-BOLANWANDS大黒摩季倉木麻衣等々のアーティストに依るものだったりすると思います。

だがちょっと待った。
そんなイメージ上の「ビーイング」とは異なる音が、このFEEL SO BADでは展開されております。

確かに、ヴォーカルやコーラスの録音、(音楽性に比して)聴き易く仕上げたGtトーン、Drの抜けの良さ等、音作りはビーイング・クオリティに準拠してるし、時代に合わせたものになっていると感じるんですけど、その音楽性がちょっと違うというか、ユニークです。
ベースになっているのはカラッとした感触のアメリカンHR/HMかな。ノリの良さと爽快感を備えた⑧V8DAZEやパワーバラード調の⑨積み木の城こそビーイング、というか川島ソロ作の延長のような作風だし、シンセを適度に絡ませたアレンジもしかり。ただですね、洗練というよりは野蛮で破天荒。でも知的、という奇妙なバランスの上に成り立っている、オリジナリティのやたら高い音楽だったりします。

ビーイングのアーティストでハードロック寄りといえばB'zですけど、FSBはもっとメタリックですね。それは倉田のGtプレイに顕著です。こんなにすげぇメタル・ギターを弾く人がいたのかよ!?ってくらい強烈。そのプレイは流麗でスラッシー。ソロはクラシカルなんだけど、それほどYngwie (Malmsteen)っぽくはなくてもっと現代的。Shrapnel系に近いというかね。緻密な構築性はMEGADETHに通じるところがあるし、峻烈なギター・ヒーローっぷりを評するにはNEVERMOREARCH ENEMYのJeff Loomisなんて名前も浮かんできます。
フラッシーなフレーズをグイグイ捻じ込んでくるスタイルにゾクゾクきますね。③愛されたい YEAH, YEAH⑤アタシは平気は特に凄まじいことになっているし、⑦極悪非道な罪人たちよでは気持ちいいほど縦横無尽に暴れ回っています。
リズム隊は名うてのセッション・ミュージシャンですから、そのギターに反応するようにスーパー・プレイの連続ですし。

そんな演奏の乗る、川島のヴォーカルがまた規格外。技術的に高いことは勿論、込められたパッションが強い。何というかこの人は、「声」が凄いんじゃなくて、「歌」が凄いのよね。凄い声を出す人なんじゃなくて、凄い歌を歌う人。
そして異様にハイテンションです。ハイパー。フゥ!と言えば稲葉浩志(Vo/B'z)だったんですが、FSBを聴いたらそのイメージが瞬時に川島だりあに書き変わったくらいに本作のだりあは事あるごとにフゥ!してる。カッチョイイ。何言ってるのか分かんないでしょうけど、聴けば分かるんです。

歌メロにあまり歌謡曲的なクサみを感じないのは特徴でしょうか。それは川島による歌詞の言葉選びに依るところも大きくて、固有名詞とテーマのチョイスが独特過ぎるので、あまり耽美性が醸し出されないのよね。口語調表現も多いし。あとエロが全開なので、受け付けない人はいるかもなー。
このクセのある歌詞を豪快に、あっけらかんと歌い上げるところが、最も聴き手を選ぶところかもしれません。

ただ、初めて聴く時の衝撃はデカい。
稀代の歌い手が尖りまくった演奏とぶつかり合うこの音像。川島が提供した楽曲を知っている人であれば余計にびっくりする(した)んではないでしょうか。私はといえば、ZARDのイメージの延長でFSBで聴いてみたらびっくらこいた(笑)
川島と倉田、2人の個性やエゴ、やりたいことをそのまま出してぶつけたらこういう音になっちゃった的なものを感じます。この後の音楽的変遷を考えると、まだまだ猫を被ってるところはありますけどね。


音作りと歌詞の時代性を除けば、今聴いても全く古くさくない音楽です。先鋭的でエネルギッシュ。それでいて聴き易さがあるのがビックリです。何より、90年代前半に、この音楽性を女性Voでやりとげたってところが凄まじい。
自分の好みと完全に重なるわけじゃないけど名盤と呼ぶのに躊躇は無いですし、すげぇって感じる点がその他全てを凌駕する。
最高。

【お気に入り】
⑩Ready or not この中では異色なほどジャパメタ調の名曲。この昂揚感は正しくメロパワのそれですよ。
⑦極悪非道な罪人たちよ
③愛されたい YEAH, YEAH
⑤アタシは平気
⑨積み木の城


スポンサーサイト

今野敏『潮流 東京湾臨海署安積班』

今野敏_潮流
今野敏『潮流 東京湾臨海署安積班』 (ハルキ文庫)

今野敏の警察小説、安積班シリーズの『潮流 東京湾臨海署安積班』を読みました。
前作『捜査組曲』は短編集でしたが(感想は→コチラ)、こちらは長編。

東京湾臨海署管内で救急搬送の知らせが三件立て続けに入り、同じ毒物で全員が死亡した。彼らにつながりはなく、共通点も見つからない。テロの可能性も考えられるなか、犯人らしい人物から臨海署宛に犯行を重ねることを示唆するメールが届く――。強行犯第一係長・安積警部補は過去に臨海署で扱った事件を調べることになり、四年半前に起きた宮間事件に注目する。拘留中の宮間は、いまだ無罪を主張しているという。安積は再捜査を始めようとするが……。

むをおおおおお!
なんて胸熱な展開なんだ!


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓



今野敏_捜査組曲
今野敏『捜査組曲 東京湾臨海署安積班』 (ハルキ文庫)

今野敏の警察小説、安積班シリーズの短編集『捜査組曲 東京湾臨海署安積班』を読みました。
10編を収録。

お台場の公共施設で放火との通報が入った。安積班のメンバーが臨場すると、警備員がいち早く消火活動を始めており一大事にならずに済んだ。警備員から聞き込みをした須田は、何か考え込んでいて……。三日後、またしても同じ施設内で強盗事件が起きる。珍しく須田が、この事件を担当したいと安積に頼むが――(「カデンツァ」より。)安積班をはじめ、強行犯第二係長・相楽、鑑識係・石倉、安積の直属の上司・榊原、それぞれの物語を音楽用語になぞらえて描く、安積班シリーズ待望の文庫化。

このシリーズは作品数が多いので、ちょっと整理がてらこの機会にまとめてみますね。

【ベイエリア分署篇】
・二重標的
・虚構の殺人者
・硝子の殺人者

【神南署篇】
・蓬莱  
・イコン  
・警視庁神南署
・神南署安積班

【東京湾臨海署篇】
・残照
・陽炎
・最前線
・半夏生
・花水木
・夕暴雨 (記事は→コチラ
・烈日 (記事は→コチラ
・晩夏 (記事は→コチラ
・捜査組曲 ←本書
・潮流

※は未読


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓


KAMEN RIDER GIRLS 2マンlive @Morph-Tokyo 「仮面ライダーGIRLS 先攻?後攻?」 六本木morph-tokyo (2017/7/17)

KAMEN RIDER GIRLS(仮面ライダーGIRLS)、恒例になった感のあるツーマン・ライブに行ってきました。
今回の場所は、六本木morph-tokyo。このハコでのイベント出演も多くなってきましたね。

お相手はさんみゅ~。存じ上げないグループでしたが、キャッチフレーズは「純白アイドル」とのこと。なんてこったい、それってKRGSと対極なんじゃないのか? なんだかこのツーマン、「白 vs 黒」「天使 vs 悪魔」みたいな構図にも感じられてきて、オラわくわくすんぞ。


さんみゅ~
5人組。事務所があのサンミュージックプロダクションなんですって。超正統派じゃないですか。で、社名から取った名前が「さんみゅ~」。
「純白アイドル」ということで、全員が白のふんわり系の衣装をお召しでございます。この後のKRGSのステージでのMC曰く、「私達が持ってないものを全て持ってる」(by秋田知里)という、清純派路線。キラッキラ☆

コンセプトに従ってか、音楽性は80年代アイドル・ポップス調。王道です。懐かしさ全開、歌謡曲ちっくです。自ら代表曲であると言う純情マーメイドという曲は、こうすれば切ない歌メロが生まれるんだろうっていう、アイドル・ポップスの曲作りの粋を結集させたような曲でした。よい。反町隆史POISONを手掛けた人が書いた曲なんですね。
言いたい事も言えないこんな世の中ですけど敢えて言わせてもらうと、ヴォーカルにちょっとパワーが足りなくて、ファンの掛け声に歌メロが埋もれ気味になる場面はありました。ま、そういう力強さがあまり求められていない音楽性でもあるし、この日はメンバ-の「奈良が生んだピカピカ関西娘」(ってHPに書いてあるんだよ)小林弥生が喉の調子が悪く、十分なパフォーマンスが出来なかったことも影響していたかもしれませんけど。あとは、私が普段からヴォーカルの“強い”アーティストを好んで聴いているから、そういった感想になったというのはあるかも。

ついつい可愛い系よりカッコイイ系のステージを求めてしまうので、ライブを観る前はキュンキュン甘過ぎるとキツいかなーと思っていたんですけど、とても楽しめましたね。ブリブリしてるというよりは気品のある可愛さでしたし、オイラ歌謡曲(っぽいメロディ)は好きですしね。あと、MCでの和やかな雰囲気も良かった。
KRGSが大手のavex所属というおかげもあるんでしょうか、一緒にイベント出演(特にツーマン)するグループにしっかりしたところが多い印象です。それこそ、KRGSよりよっぽど盤石なファンベースのあるグループだったり。そのステージを観て好きになるかどうかってのは、当然のように音楽的な嗜好が左右する部分が大きいんですけども。
45分くらいのステージだったかな。「胸キュンキャラメルボイス」(ってHPに書いてあるんだよ)木下綾菜さんがやたらキュートだったと付け加えておきます(笑)

<セットリスト>
1.キスをください
2.恋はパノラマ
3.Live a Live!
4.風のミラージュ
5.桜色プロミス
6.みんなの太陽
7.純情マーメイド
8.月夜のI love you
9.そっと、ぎゅっと、もっと、ずっと


KAMEN RIDER GIRLS
前回観たのが5月の同じmorph-tokyoで、その時のレポ(→コチラ)で「音源化されていない曲も溜まってきたし、そろそろ次の作品を期待したいところ」と書きましたが、8月23日に3rdフルアルバム「invincible」をリリースすることが発表されております。この日のステージでは初出し映像として、アルバムのCMスポット・ムービーも流されました。そのアルバムにも収録される、新しめの4曲からスタート。衣装は銀河英雄伝説的可変型の担当カラーVer.ね。

Time of Victory、やはり良曲ですね。誰が書いたんだろうな。ヴァースではメンバーそれぞれの名前コールが出来るくらいに音の隙間があるし、サビにはKRGSらしい勇壮さがあるということで、観客参加型でもありカッチョ良さにしびれる曲でもある。ハイブリッドな魅力。
あと、Next stageが一緒に盛り上がる系の煽り曲に変身してました。井坂仁美が煽る場面が多かったようですけど、この日は全体的に彼女のリーダーシップが光っていました。上手くまとめていたと思います。そういえば、遠藤三貴が抜けてからは初のツーマンでしたね。あと彼女(=井坂)のフォトジェニックな美貌ってのは強力な武器だなぁと、あらためて認識しました。

ツーマンという長めのステ-ジならではということでしょうか、いつもとは異なる趣向として、ド真ん中に仮面ライダーっぽさ/特撮っぽさの濃厚なセクションがありました。
主題歌?挿入歌?をメドレーでやったり、リクエストでやる曲を決めたり。リクエストについては、3つの選択肢のどれかに(拍手で)投票してくれっていうパターンでしたが、どれも特撮戦隊モノに関わる曲でした。宇宙戦隊キュウレンジャー、動物戦隊ジュウオウジャー、手裏剣戦隊ニンニンジャーだったかな?(調べた) 個人的には、「KRGSのオリジナル曲からの選択じゃねーのかよ!?」って、ちょっと萎えましたねぇ。
で、結局どれやったっけ? キュータマダンシング!か。全身タイツ着たヒーローが子どもと一緒に踊る、振り付けみたいなやつ。
しかし、相変わらず特撮絡みの話になるとポカ~ンと置いていかれる自分であります。Fuki Communeにおけるアニソンみたいな位置付けね(笑)。この時ばっかりはさんみゅ~ファンの気持ちに近かっただろうな。

Mystic Liquidから後半戦。ラジオで募集していた、「好きな曲リクエスト」の結果を反映させた選曲だったと思いますが、こういったファンの希望を掬い上げるような企画は嬉しいです。
最近の定番曲が主軸でしたけど、共演相手に合わせてか、ガツガツ激しめの曲はやや少なめ。ツーマンということで、最後にはさんみゅ~メンバーを呼び戻してのコラボ・ステージがありました。「さんみゅ~さんの曲を一緒に」とか言った後に「みんな知ってる曲だと思う」って、いやいや知らないから…って思ったら、知ってる曲でした。夏祭り。打ち上げ花火がどうのこうのって歌詞の曲(雑)。
でもこれさんみゅ~の曲じゃなくてWhiteberryの曲だよねって、再度脳内ツッコミをしたんですけど、帰宅後に調べたら、原曲はJITTERIN'JINNのものでした。Whiteberryもカヴァーだし、さんみゅ~もシングルでカヴァーしてました。ともあれ、有名曲強し。

音楽的に同タイプのツーマンというと、3月のParty Rockets GTとのイベントが印象深かったですが、こういうタイプの異なる相手とのイベントもなかなか楽しかったです。白も黒も、天使も悪魔も、どっちも良かった。

<セットリスト>
01.B.A.T.T.L.E. G.A.M.E
02.Time of Victory
03.Next stage
04.Let's Try Together
05.エグゼイド絡みの(?)メドレー
06.キュータマダンシング!
07.Mystic Liquid
08.Scarlet Savage
09.Movin'on
10.E-X-A (Exciting × Attitude)
11.夏祭り (JITTERIN'JINNカヴァー、with さんみゅ~)


ulma sound junction@渋谷CYCLONE

『 ulma sound junction ONEMAN Live 』 渋谷CYCLONE (2017/7/15)



超絶テクニカル・プログレッシヴ・ラウドロック・バンド、ulma sound junctionの初ワンマン・ライブに行ってきました。

いや、「初ワンマン」ではありませんでしたね。アルバム「idealogy」(2014)リリース後に、地元・石垣島への凱旋ワンマンをやったことがありました。でも多くのファンが、ここまで長いステージを観るのは初めてでしょう。
未体験ゾーン突入。

通常の対バン・イベントの持ち時間30分だと、ulmaがプレイする曲数は3曲。40分ステージだと4曲。50分ステージだと5曲(笑)。出番がトリでアンコールがある場合は1曲多くなったりしますけど、MC等も含めた構成で概ね1曲10分の計算になります。はい、なんだかおかしいですね。狂ってますね。
「2時間のワンマンだったら12曲くらいだなー」なんていう呑気な予想も立てられますけど、この日もほんとにそんなペースだったんだから驚きです。二部構成、3時間。メドレーを含む全16曲。途中にインターミッションを挟んでいたので、正味は2時間半くらいだったでしょうか。インターミッションには、初公開のMV(まだ完成形ではないようです)をスクリーンに流したり、メンバーがフロアに降りてきてお客さんに挨拶回りをしてました。彼ら自身の休憩という意味合いもあったであろう30分弱でしたけれど、このタイミングでファン交流をするというのが斬新、かつ彼ららしい衒いの無さ。

ライブの感想を一言で申しますと、「うぉぉぉおおお!!」になります。
全くもって何を言ってるのか不明ですね。
でも、言語化を放棄したくなるほど、ストレートに感性と身体を揺さぶられた体験だったと言えます。この「うぉぉぉおおお!!」は「うぉぉぉおおおすげぇぇぇぇええええ!!」の後半部分が省略された形のシャウトなんですけれど、技巧的にすげぇぇええのは勿論、感情表現としてもすげぇぇええですし、こんなに緻密にアンサンブルを練り上げてくるなんてすげぇぇええし、とにかく何もかもがすげぇぇええってなった結果のアウトプットが「うぉぉぉおおお!!」です。

ウチのブログでは、バンドが長くて複雑な曲を演奏する様子を、何かの建築物や構造物を組み上げる光景に例えて表現することがあります。プログレッシヴ・ロックとかプログレ・メタル系の音で使いたくなっちゃう言い回し。緻密さや複雑さ、正確さ、きっちりとした構成に、人間だけでは成し得ないような、何か機械的なものが介在している感じを受けるからでしょうね。
ulmaが演奏しているのも、そうした長く緻密で複雑な楽曲です。でも、一貫して感じるのは、機械っぽさじゃなくて、人間的でオーガニックな印象なんですよね。「組み上げる」というよりは「編み上げる」というか。その印象は音源よりもライブでさらに強く感じます。ジャム・セッション的に練り上げてゆく場面もあって、これまたすげぇぇええってなるんですよね。
プログレ、ラウドロック、メタル、ミクスチャー、アンビエント、民族音楽…etc…を自由に行き来し、始まりの時点とは全く異なる地平に辿り着く楽曲。HR/HMの流儀に則っており、メタル的カタルシスを得ることのできるパートが多いんですが、音自体はあんまりメタルっぽくないのも特徴。「人間的でオーガニック」な音ゆえに、攻撃的だけど何故か刺々しくないアンサンブルになってますから。また、ディレイを強めにかけたGtサウンドが、ザクザク&ギャンギャンしてないことも大きいかもしれません。

このバンド、楽曲に「流れ」を感じるんですよね。その「流れ」は常にゆったりでまっすぐしたものではなく、急に勢いを増して激流に変わったりするし、方向を変えたりもします。そして、“ulma sound”を構成する全ての音楽的要素が、その「流れ」の中に必然性を備えて存在している。あれほど目まぐるしく変化する楽曲であるにも関わらず、ulmaの曲が長く感じないっていうのは、聴き手がこの「流れ」の中に自然と身を委ねているからじゃないか、と思うんですよね。だって3時間でも短い、もっと聴きたいって感じたもん(笑)
ulmaの音は決して難しくはないです。変拍子に、トリッキーな弦楽器の応酬に、密教染みたヴォーカル・パフォーマンスなんて、どう考えてもとっつき易い要素ではありません。でもulmaの音を構成するのはそれらだけじゃないし、全部ひっくるめて音の「流れ」に身体を任せることができるんですよね。これが不思議。変拍子だろうがなんだろうが、実はノリやすいです。ノリやすいというか、所々リズムに身体が反応しちゃうというかね。ビクッビクッと(笑)。そういう、身体や本能に直接訴えかけてくる衝動を秘めた音。

若者くさい言葉を使って恐縮ですけど(ほんとは全く恐縮してない)、ulmaはめちゃくちゃエモいぜ。「エモ」が付く音楽ジャンルや、エモいエモいと評されるアーティストは多くいるでしょうけど、ulmaのエモさに比べたらそんなんじゃまだまだ甘いね(?)。エモさの演出に作為的な匂いがするといいましょうかね。ulmaの場合は「ナチュラルボーン・エモ」ですから(意味不明)
長尺曲の中で、演者&聴き手双方の感情がジワジワ高まってゆき、遂に堰を切って溢れ出す瞬間の甘美さは強烈ですよ。第一部のgiftRotten Appleの流れ、本編ラストのelem-5/6/7とアンコールVillaは、胸と涙腺にクるものがありました。

ulmaは難しくない。でも同時に、難しくも聴けるってのがまた面白いところです。楽器をやる人であれば、そのことを私よりもっとはっきりと感じ取ることができるはず。
(西洋)音楽の三要素はリズムとメロディとハーモニーなんていいますけど、正にそれを感じるのがulmaの音楽です。それはバンドが出している音が、リズム/メロディ/ハーモニー、どれにも偏っていないからじゃないかと思うんですよね。全ての楽器がメロディも担当し、リズムも担当する。それは田村ヒサオ(Ba&Vo)の歌もしかり。リズムは得意、メロディもハーモニーも得意。全部得意。ってなんだ、オールマイティじゃないか。全ての楽器がクリアに聞こえるよう住み分けされた、高度なアンサンブルも驚異的です。

過去には、「idealogy」「LAND a SCAPE」(2010)の感想、巣鴨獅子王と高円寺CLUB MISSION'Sでのライブ感想(→コチラコチラ)でも色々と触れていますし、ただでさえグダグダと長くなっている記事が余計に収まらなくなってきちゃうので、メンバー個々の技量やステージングについての記述はここでは止めます。いずれまた書く機会もあるでしょう。
でも1点だけ。Gtチームのトーンの使い分けと技術的な懐の深さは魔術的ですよ。特にトリッキ-なプレイを担当することの多い、山里ヨシタカ(Gt)の右手の柔らかさ、軽やかさは異常事態。


この日、ステージから発せられるムードが随分と明るいな、と感じました。「内なる探究者」的ムードは以前からありましたが、のっけから外へと向かうエネルギーが印象強かった。暗く沈み込んだり荘厳だったりと、パートによって異なるんですけども、全体的にはどこか明るいというか。(基本的には)彼らのファンしかいないという、ワンマン・ライブゆえかもしれませんけど、メンバーは実に楽しそうな表情でプレイしていました。いくら難曲であろうが、プレイに集中していようが、この4人は常にどこか余裕を感じさせているのが凄い。ものすごい。ラストには「(指が)攣ってる!攣ってる!」(田村)ってなってましたけど(笑)
訥々と喋る、どこへ向かうのか全くもって不明なMCはいつも通り。いや、田村以外のメンバーも横からボソボソと合いの手(?)を入れるもんだから、より一層ケイオティック・コア化していましたが、それもまたulma sound。


感激でしたよ、このワンマンは。
今までも凄かったけど、段違いの満足度。
待望の次作(フルアルバム?)が今年中にリリースされるとのことです。この日のセトリにも新曲・未収録曲がありましたが、大いに期待しています。
正直、音楽的にはulmaより好きなバンドはたくさんありますけど、彼ら以上にSUGEEEEEEEって思えるバンドがどれだけあるのかって話ですね。我が国には、俺達(?)には、ulma sound junctionがいるんだぜっていう、根拠不明な誇らしさが湧いてくる。Rotten Apple級にキャッチーで、かつ(比較的)コンパクトなキメ曲がもう一つ出来れば、鬼に金棒なんじゃないかなって思います。

余計なお世話ですけど、この日の集客については少し心配してたんですよね。でも開演直前には、フロアの7~8割くらいは埋まっていたのかな? ミュージシャンズ・ミュージシャンらしく、バンドマンらしき人も多かったです。
ただですね、まだまだ足りない。実力に見合う知名度や集客や人気が全然足りない。彼らのライブに足を運ぶのが、1年に1回のペースに(結果的に)なっているヤローから言われたくないかもしれないですけど、悔しさすら感じますね。こんなに凄いバンドなのに何故なんだよ、って。ウブなことを言うようですが、本心。

世界よ、ulma sound junctionを早く発見してくれ。

<セットリスト>
***** 第一部 *****
01.OverCure part.1
02.utopia
03.イデア -Into the Void-
04.Silver Memory
05.Curse of Life
06.gift
07.Rotten Apple
08 OverCure part.2

***** 第二部 *****
09.1day a suite
10.A New World
11.Shooting Testament
12.Elysium
13.スペシャル・メドレー
  Mrs.Shuffle ~ デラソル -De La Sol- ~ memorise unclear ~
  patient of echo ~ 俄か凪
14.Dozarel
15.elem-5/6/7

ENCORE
16.Villa