BON JOVI「NEW JERSEY」


BON JOVI「NEW JERSEY」 (1988)

4thアルバム。

前作「SLIPPERY WHEN WET」(1986)が大ヒットし、その勢いとともに再び「プロデュースにBruce Fairbairn、ミックスにBob Rock、共作者にDesmond Child」という鉄壁の布陣で臨んだ作品です。資金面でのバックアップも相当分厚くなったんでしょう、録音周りのエンジニアはBob以外にも多数関わっていますし、共作者もDesmondのほかDiane Warren、Holly Knightという贅沢極まりない面々に。
ジャケットを手掛けたのはRUSHMEGADETHDREAM THEATERの作品等で有名なHugh Syme。

“ ハードロックBON JOVI ” としては最高作ではないでしょうか。

彼らの出身地であり、本作のタイトルとしても掲げられた「ニュージャージー」は、ニューヨーク州の隣(というか南)にあるアメリカ東部の州です。福井県はニュージャージー州の姉妹都市です(関係ない)。
勝負作であろう作品のタイトルに、故郷への誇りとともに地名をババーンと掲げてしまうのこの大胆さは、とても日本人には真似できないところかと思います。あんま無いよね、地名を冠した作品。多分。けれど疑問に思うのは、アメリカ人やニュージャージーに行ったことのある方が本作を聴いて、「あぁニュージャージーっぽい音だなぁ…」って思うんでしょうか? どうなんでしょうね。

アメリカに行ったことのない管理人は、行ったことないだけに適当ぶっこきますが、前作「SLIPPERY WHEN WET」を聴いて形成される脳内イメージは、完全にマイアミなんですよ。記事にも書きましたけど。おそらくジャケとブックレットのおっ○いドッカーーーーーンッ!!に引き摺られたものだと思うんですけど、あのアルバムの楽曲にどことなくあっけらか~んとした明るさがあるのも事実で、そういうところが実にマイアミ感を煽る(笑)。
対して本作はどうかというと、マイアミではない。ニュージャージーでもない(笑)。前作にあった豪快さはそのままに、哀愁とシリアスさを増し増しにした作風。そしてこの地に足のついたスケール感は、テキサスです。キン肉マンでいうとテリーマンです。テキサス・ブロンコです。南部です。⑧Ride Cowboy Rideなんて曲もあるくらいだし。行ったことないけど。

重厚な①Lay Your Hands On Me、豪快さの中にキャッチーな歌メロも忘れない②Bad Medicineという代表曲連発なオープニングもさりながら、哀メロ派(=オイラ)がグッとクるのは3曲目の③Born To Be My Baby以降。⑥Homebound Trainは正直退屈なんだけど、その前後の楽曲の充実はなんなんでしょこりゃあ。
外部ライターが共作という形で関わった曲は全て名曲。それだけでなく、Jon Bon Jovi(Vo)とRichie Sambora(Gt)による共作曲、Jon単独曲も含めて、異常なレベルに行き着いた楽曲群に絶頂期に差し掛からんとするバンドの凄みを感じます。あまりに粒ぞろい過ぎて、あんまり言うこと(書くこと)無くなっちゃうパターンだなコレ!


貫録や落ち着きすら感じるんだけど、同時に攻めの姿勢や勢いもある名盤中の名盤。

【お気に入り】
③Born To Be My Baby
⑨Stick To Your Guns
⑤Blood On Blood この曲の郷愁は何故かスティーヴン・キング原作の『スタンド・バイ・ミー』を思い出す。ロブ・ライナー監督の映画の方。
⑦Wild Is The Wind
⑩I'll Be There For You
④Living In Sin
⑪99 In The Shade


スポンサーサイト

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』

機動戦士ガンダム第08MS小隊
『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』

ガンダムっす。
OVAシリーズとしては『0083 STARDUST MEMORY』に次ぐ作品で、1996~1999年にかけて発売されたもの。私が見たのは、全11話と後日譚の特別編『ラスト・リゾート』。

主人公のシロー・アマダが過度に熱血で、
ヒロインのアイナ・サハリンが過度にタレ目で、
アイナの兄、ギニアスが過度にKAMIJOっぽい。
そんな話。


以下、ネタバレしとりますのでご注意を。
  ↓


ARCH ENEMY「WAR ETERNAL TOUR : TOKYO SACRIFICE」


ARCH ENEMY「WAR ETERNAL TOUR : TOKYO SACRIFICE」 (2016)

ARCH ENEMYの、アルバム「WAR ETERNAL」に伴う単独来日公演を丸々収録した映像作品です。2015年3月3日、渋谷TSUTAYA O-EAST。ちょうど私が観にいった日ですね(当日のレポは→コチラ)。

現行最強メタル・バンドの一つだけあって、もう最高。
実際のライブでも感激したんだから、当然っちゃあ当然なんですけども。
バンドが発するオーラの強大さに、O-EASTの大きさが見合っていないんじゃないかと。めっちゃ狭く感じます。

この日の最大の俺的注目ポイントだったJeff Loomis(Gt)の完璧さもさりながら、パッケージ化された作品でバンド全体のアンサンブルをじっくり確認できるようになると、Gtチ-ムの見事な役割分担が浮かび上がってきます。いや、ギターだけじゃなくて、ARCH ENEMYってのは、メンバー全員による完璧なチーム・プレイを拝むことができるバンドなんだな、と痛感します。
間奏の時も(邪魔をしないで)注意がギタリスト2人に向くように盛り上げるAlissa White-Gluz(Vo)の献身っぷりが素晴らしい。鉄壁のフロントマンですよ。


素晴らしい楽曲に素晴らしいパフォーマンス。
日本向けにチョイスしたと思しき、The Day You DiedSilverwingがセットリストに入っていることが嬉しいですね。Burning Angelもかな? 我が国のメタル・ファンとバンドが築いてきた良好な関係を、今一度確認できる、感動のライブ作品です。
War Eternal、No More Regrets、You Will Know My Name、Stolen LifeのMVも合わせて収録。


01. Tempore Nihil Sanat (Prelude In F minor)
02. Never Forgive, Never Forget
03. War Eternal
04. Bury Me An Angel
05. Stolen Life
06. Ravenous
07. Taking Back My Soul
08. My Apocalypse
09. You Will Know My Name
10. Bloodstained Cross
11. Burning Angel
12. As The Pages Burn
13. Dead Eyes See No Future
14. The Day You Died
15. No More Regrets
16. No Gods, No Masters
17. We Will Rise

ENCORE
18. Silverwing
19. Snow Bound
20 .Nemesis
21. Fields of Desolation (Outro)


原田マハ『本日は、お日柄もよく』

原田マハ_本日は、お日柄もよく
原田マハ『本日は、お日柄もよく』 (徳間文庫)

原田マハの『本日は、お日柄もよく』を読みました。
『楽園のカンヴァス』が面白かったので、別の作品を読んでみようと思い、ベストセラー(なのか?)のこれを。

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された! 目頭が熱くなるお仕事小説。

かなり読みやすくサクサクと進むし、面白いんだけど、説得力に欠ける作品。


以下、人によっては「ネタバレ」と感じる部分があると思いますので、ご注意ください。
 ↓



命短し。ROCKせよ人生。

上木彩矢(Vo/ソロ、UROBOROS)とmi-ya(Gt/21gLOVEBITESサポート)が、女性2人組ロック・ユニット「SONIC LOVER RECKLESS」を結成しましたぁぁぁあああん!!!

オフィシャルHP → コチラ。
ナタリーのニュース → コチラ。


「私たちがSONIC LOVER RECKLESS。略して~、ソニラバ♡」

むをおおおおおおおおおお!!むをおおおおおおおおおお!!

「上木があるイベントでmi-yaと共演した際に彼女のギタープレイに惚れ込み」ってことらしいですが、「ぱちんこ必殺仕事人V」の主題歌の仕事でしょうね。
デビュー作は3曲入りのシングル「PHOENIX」。10月2日発売(配信は9/15~)。サウンド・プロデューサーはNATCHIN(SIAM SHADE21g)。オフィシャルHPではシングル収録曲のRock n' Roll Revolutionが一部試聴できます。

“予習”するのがイヤなので試聴音源は聴いていませんが、ユニットのコンセプトから考えて、上木目線でいうとソロおよびUROBOROSとは音楽的に被らず、上手く住み分けができそうな気がしてます。
対してmi-yaとしてどうかというと、やはり21gLOVEBITESとの兼ね合いになってきますよね。特に、女性ヴォーカルという共通点のある後者。サポートという体裁にはなっていますが、LOVEBITESでは曲も書いてますし、貢献度合いではほぼ本メンバーみたいなもんですしね。LOVEBITESメンバーの中で一番モダンなHR/HMに明るそうなのが彼女ですけど、今後、そこらへんの音楽的方向性やバランスが変化するのか、しないのか。


SLRとしての初ライブは、9月15日。下北沢GARDENで行われる、上木彩矢のバースデー・ライブの日です。

ワクワクドキドキする。
もう期待しかないですね。
ライブも音源も。