鈴華ゆう子_cradleofeternity
鈴華ゆう子「CRADLE OF ETERNITY」 (2016)

和楽器バンド華風月のVo、鈴華ゆう子のソロ、1stミニアルバム。

avexらしく色んな形態があってそれぞれ収録曲(数)が異なるわけですけど、私が買ったのは2枚組CDです。MV映像にあんまり興味ないですしー、1曲でも多く聴きたいしー、森口博子が歌った水の星へ愛をこめてのカヴァーが聴きたかったしー、1曲多い通常盤の「ボーナス・トラック」が収録曲のヴァージョン違いっぽいからパスしよっかなー、ということです。
抜群の歌唱力と表現力を備えた歌い手であるだけに、既存のバンド/ユニットとはまた違った景色を見せてくれそうで、大きな期待と共に聴いてみましたが。


あんまりピンとこねぇ…、、、(苦笑)

ソロのテーマは「アニソン(風)」ってことなんでしょうか。和楽器バンドの曲の和楽器部分を取っ払ってすっきりさせ、代わりにシンセ由来のキラキラした感じを取り入れた印象。パッと思い浮かぶ「アニソン」のイメージに忠実な音だと思います。

ゲーム「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」のオープニング・テーマで、本作のリード・トラックとなる①永世のクレイドルに参加している演奏陣が、BABYMETAL神バンドのLeda(Gt)と青山英樹(Dr)、それにCROSS VEIN他のShoyo(Ba)というメタリックな人選だったこともあり、HR/HMに寄せた作風に仕上がるんじゃないかと色めき立ったんですが、どうやら肩透かしだったようで。それぞれの持ち味は出ているとは思うけど(主にイントロと間奏に)、その人達じゃなきゃダメだったかというとまるでそんなことはなし。あんまりメタリックじゃないハードポップでした。ただ、意外性は無いけど出来は良い、という。MVは→コチラ。しょうよぅたぁぁああん!!
因みに彼ら、この以外には参加していません。⑦永世のクレイドル -PIANO SOLO-はタイトルそのまんま、ピアノによるのインストVer.。

だけでなくほとんどの曲に感じることなんですけど、ヴァース~ブリッジではクセのない抑え気味の歌唱で「おお、お、なかなかいいじゃん!」となっているところ、サビになると我慢できなくなったかのように和楽器バンド風の歌唱法になっちゃう(笑)。というかこの人、歌い上げるヴォーカルだとどうしても詩吟っぽい感じがちょい混じっちゃうんだね。良くも悪くも。
その点が個性ではあるし、彼女の武器ではあるんですけど、同時に本作の作風に合っていないように感じました。和楽器バンドだと(敢えて言うと)装飾過多でごちゃごちゃしているからVoばかり意識するわけではないし、華風月ではその歌唱スタイルこそが生命線だから良いんですけど、このソロのアニソン風の曲調だと飛び抜けた個性の有無より全体のまとまりが重視されるようなところもあるので、余計にクセが目立つというか、歌唱が曲に溶け込んでいないというか…。
そういえばバラード④雪時計華風月から尺八と箏を抜いた、そのまんまな感触ではありますな。

あんまり和楽器バンドと(それと華風月とも)差別化できていないような気がします。和楽器というある意味飛び道具的な要素を排除して楽曲そのものに着目すると、元々ボカロ曲カヴァーから出発したあちらにも本作収録曲と似たものはあるし。というか、そっくりだ。そもそも(本作の)半分の曲を書いているのは千本桜の産みの親である黒うさですしね。
これ、ソロをやる(音楽的な)意味があるのかしら?
実力も人気もある人だけに、「チャンネル」が増えた方がレーベルや関係者としてはお金になるんだろうけど。


ただ、そんな疑問を呈しつつも、彼女のヴォーカルは大好きなだけに、懐かしさと切なさを感じるバラード・タイプの⑥背中合わせや軽快な哀メロ曲⑤Remainsは作風に関係なく気に入っており、こういう曲が出てくるのならば「課外活動」も嬉しかったりするんだから現金なものである(笑)


ディスク2に収録の2曲は共にカヴァーになっており、①RE:I AMAimer(「エメ」って読むらしい)の、ニール・セダカが書いた②水の星へ愛をこめては先述の通り森口博子の曲です。前者が『機動戦士ガンダムUC』の、後者が『機動戦士Ζガンダム』の主題歌という、ガンダム繋がりでもある。
初めて聴いたは、シンフォニックな味付けが特徴の曲。アレンジのおかげか、静かに始まりながらも後半にかけてスケールが大きくなってグワッと盛り上がってきますね。とても良いです。は原曲よりしっとり&ゆったりとしたヴァージョンで、「そうそう!ゆう子さぁんのこういう歌唱が聴きたかったんだよ!」ってなりました。ちょー切ねぇ。この曲はやはりキラー。
あれ、カヴァー曲のディスク2の方がしっかりとソロらしさがある?(笑)

【お気に入り】
⑥背中合わせ この曲の歌唱は彼女のVoが最も光るタイプだと思う。
⑤Remains 最もアニソン・ライクなこれがソロでやる意味を一番感じるかな。


※カテゴリは<和楽器バンド、華風月>に登録しました。


スポンサーサイト

INSOMNIUM「WINTER'S GATE」


INSOMNIUM「WINTER'S GATE」 (2016)

フィンランドのメロディック・デスメタル・バンドの7thアルバム。
切り絵のようなアートワークがシンプルながら美しいですね。

前作「SHADOWS OF THE DYING SUN」(2014)は過去最高にメロディックな傑作でしたが、次の一手としてリリースされた本作は、なんと①Winter's Gateという40分の曲が1曲だけ収録されているというビックリ・アルバムでした。INSOMNIUMがそういう大作主義、というかプログレッシヴ・ロックのような手法を取ってくるバンドだとは思いもしませんでしたねー。

Niilo Sevanen(Ba&Vo)が書いた小説を基にした本作、Wikipediaでの記述を見ると全7部構成になっているようですが、ブックレットの歌詞を見るとこちらは6部構成。というかダウンロード用に7つに分けて配信してるってだけですかね。整理すると下記のようになっている気がします。仮に間違っていたとしても、ウチのブログ的にはこう理解するものとする(笑)。どうせ聴き始めたら40分間一気に聴くんだし。

 1 : Slaughter Moon
 2 : The Golden Wolf
 3 :    〃
 4 : At the Gates of Winter
 5 : The Gate Opens
 6 :    〃
 7 : The Final Stand ~ Into the Sleep



こいつぁ、ものすごい作品を作ってきたな、という感想ですね。

有史以来!
こんなに短い四十分があったかッ!?

(反語)(大袈裟)

メロディック・デスメタルを下敷きにしたサウンドであることは勿論ですが、ドゥームやブラック・メタルの領域への拡大がみられ、また、テーマとも密接に関わっているヴァイキング・メタルの風味も濃いです。ずっと疾走しているわけにもいかないでしょうし、メロデス要素だけで40分を聴かせるのも平坦になってしまうでしょうから、注入される音楽的要素が(以前より)幅広くなるのは自然だと思いますが、それら様々な要素が自然な楽曲展開の中に同居し、違和感をまるで感じさせないところが素晴らしいですね。ブラックメタル風トレモロ・リフに、民族音楽的旋律に、クリーンVoに、スポークン・ワード…etc…。アコースティック楽器の導入の仕方も実に巧みです。
そう、色んな要素を導入している割には、とっ散らかることなく、“徹頭徹尾・北欧”という方向性でビシッと芯が通っているんですよね。アレンジ能力に秀でているから可能なことなんでしょう。1曲丸々、悲哀に満ちたムードに覆われている点も最高にMy好みです。

満ち引きを繰り返しつつ、徐々に悲哀の度合いを増し、泣きのメロディック・ドゥームへと変化。そしてメロブラちっくにクッサクサな疾走を聴かせ、最後はピアノとウィスパーで厳かに締めくくられる。。。。。
…風の音、、、、



大作志向であるこの手のバンドとしてMOONSORROWがありますけど、彼らがただひたすらに自然風景を描写するような音であるのに対して、このアルバムの場合、情景描写を感じさせる場面は勿論あちこちにあるんですけど、同時に物語を感じさせる音なんですよね。まぁMOONSORROWはもっとフォークメタル寄りですから一概に比較はできないのかもしれませんし、本作にしても実際下敷きにした小説=物語があるわけなので、当たり前ッちゃあ当たり前なんですけど。
要は何が言いたいかと言うと、そのストーリーの内容が分からずとも、①Winter's Gateを聴いてると「景色」だけじゃなくて、「人」が見えるってことなんだよね。自然の猛威に翻弄される「人」の姿が、その希望と怒りと慟哭と諦念が、ありありと思い浮かぶ。このヴィジュアル喚起性こそが本作の最も凄いところかもしれません。メロディやアレンジだけでなく、歌詞の言葉選びとリズム、つまり「“詩”であること」がもたらす効果は大きいんだなぁと痛感させられます。
う~~~む、日本語訳のある国内盤を買うべきだったか…?


メロディック・デスメタル・バンドの大作というと、思い浮かぶのはEDGE OF SANITY「CROMSON」(1996)で、これもタイトル・トラック1曲だけ収録というアルバムです。その元EoSのDan Swanoが本作のミックスとマスタリングを手掛けているのは偶然ではないでしょうね。
Danによる粒子荒めの音の仕上げや、キレよりも量感を感じるタイプのデスVoも、この物語を語る上ではプラスに働いているような気がします。個人的にはもっと歌詞が聴き取り易いデスVoがいいですけど。


個人的には最高作。
完敗です。


e:cho「l'oiseau bleu」


e:cho「l'oiseau bleu」 (2016)

仙台を拠点にしているんだけどどうもメンバー全員がそちらの方に住んでいるわけではなさそうな女性Voロック・バンドe:choの、何枚目かよく分からないアルバム。イントロSE的役割を果たす①the birthday song for B.B.を含む、8曲入り。
幻想的でちょっと不気味でちょっと可愛いアートワークにもみられるように、「l'oiseau bleu」というのは青い鳥のことを指すそうです(フランス語)。

元々、Voと演奏、双方のバランスがとても良いバンドという認識がありますが、本作ではかなりHaruka(Vo)の歌唱力を生かした作風に振ってきたように感じました。「振ってきた」というか、彼女の活躍が目立つってことかな。本作と同じくBlack-listed Recordsからリリースした再録ベスト盤「Ricostruzione」(2014)から方向性は変わっていないものの、微妙な塩梅が異なるというか。

パラフル&ポジティヴな②Stand Up!!や、ロック感全開のハード・チューン⑦Identityあたりで分かり易く押し出されているところですが、とにかく力強いヴォーカルなんですよね。男勝りとかガッツィーって感じじゃないんだけど、力強い。その「力強さ」っていうのは、豊かな声量や発声の仕方というテクニカル面のこともそうなんですが、彼女自身が書いた歌詞の言葉選びも含めて、迷いの無さや確信が声に乗っているように感じるという点もそう。

④VOICEでのヴォーカル・パフォーマンスは正に圧巻ですね。シンフォとバンド演奏が複雑に交錯する忙しい曲で、Gtソロの伸びやかさも大きな聴き処だったりするんですが、やはり肝はHarukaの歌唱。譜割りが細かくアップダウンも激しいというめちゃくちゃ難易度高そうなメロディ・ラインなのに、苦悶の表情ではなくあくまで溌剌と歌い切るHarukaねーさん最強説。
③ブルーデイジーで“歌のお姉さん”的なハキハキ歌唱を聞かせたと思いきや、⑤追想⑥茜色という感触が異なるバラード・タイプでは大らかさと優しさを感じさせる。から先述のへ続くところなんて、その落差(というか上昇差?)からか、同じ人が歌ってるように思えないほどなんですけど、どっちもHaruka印がしっかり押された歌唱であることも事実。
お見事です。

Vo以外の特徴としては重めのシンフォ・サウンドを大フィーチャーしているところでしょうか。それによってバラードでもヘヴィな感触があるし。バンドに専任Key奏者はおらず、全作曲を手掛けるY.O.U.(Ba&Key)が担当している部分ですね。彼、ライブを観ると圧倒的にベーシストとしてのイメージが定着しているんですが、こと音源に関して言うと、Baよりもシンフォニックな味付けのKeyの方が目立っていたりもします。Baも大活躍してはいるんですけど、それでも、ね。因みに彼のベース・プレイは、難しいことをやっているのかもしれないけどそうは聞こえないくらいめちゃくちゃ巧い、って感じ。


J-POPというにはやたら力強くてキメが多いし、ハードロックというには煌びやか過ぎる。
そんな独特のポジション、というか収まりの悪さを感じさせるe:choですが(笑)、今回もセンス溢れる流石の出来。長過ぎないアルバムの尺もあって、聴き易いです。

なんでも2017年春には次のアルバムが出るとか…、、

【お気に入り】
⑦Identity
④VOICE
③ブルーデイジー
⑧NEW HORIZON


LIV MOON「R.E.D」


LIV MOON「R.E.D」 (2016)

2015年に新曲入りのベスト・アルバム、2014年にAKANE LIVのソロ・アルバムをリリースしているものの、LIV MOONプロジェクトのオリジナル作としては4th「THE END OF THE BEGINNING」(2012)以来、久しぶりとなります。6曲入りのミニアルバム。
アルバム・タイトルの「R.E.D.」は、Resolution/Radiant、Evolution、Dynamic/Dramaticの頭文字を並べたものらしいです。何かの企業理念みたいですな(笑)。

Akane Liv(Vo)と音楽面でのイニシアチブを握る西脇辰弥(Key)、そして外部ライター/アレンジャーのKAZSIN、その3人によるアルバムだと言ってもいいかも。

ギターが大村孝佳からGARGOYLEのKENTAROに交代しており、よりヘヴィな音楽性にマッチする人選であるようにも思えます(大村が多忙な為かしら?)が、それほどバンドとしての一体感を感じる作品ではないかなぁ…。まぁライブでは元々それは感じられなかったんですけどね。LIV MOONの音楽というのはHR/HMだけで捉えることの出来るものではないでしょうけど、殊HR/HMたる面に着目すると、それに見合う高い実力を持つメンバーが揃っているわけです。そのメタリックさをストレートに味わえる曲が少ない。Akaneの男前Voが映えるシンフォニック・メロパワ曲・⑥GLORIA GLORYくらいかな。
あと、アグレッションは控えめですかね。NIGHTWISHを思わせるクラシカルなKeyワークの①LOST PARADISE、それと②ICARUS等にはヘヴィなリフが組み込まれているんですが、それでもあんまり攻撃的には感じない。なんだろな、歌メロの感触やアレンジの方向性がシンフォニック・メタルから演劇的なものにシフトしているからでしょうかね。

暗く耽美な点は好みなんですけど、このユニット/プロジェクトの作品の中では最もピンときませんでした。KAZSIN曲に過去作ほどの輝きは感じられず、他の曲もメロディはソコソコながら、Akaneの声が入ってくると途端に雰囲気がガラッと変わる様は見事。やはり彼女の歌唱力・表現力・個性は光っていますね。



V.A.「Red Zone ~THE ANIMATION “TERRAFORMARS REVENGE” SONGS」 (2016)

記事のタイトルはふっきーのStrengthという曲についてってことですが、それが収録されているのが今のところTVアニメ「TERRAFORMARS REVENGE」の主題歌を集めたこのCDだけってことだと思うので、買ったわよコレ。Fuki Communeのアルバムに入れば良かったんですけどねぇ。1曲毎の配信については興味無いし知らん。

テラフォーマーズ リベンジと言えば、聖飢魔Ⅱ荒涼たる新世界PLANET / THE HELLを以前記事にしましたが(→コチラ)、ここではその2曲の「TVサイズ版」が収録されています。つまり、1分半ほどに短縮したものです。大人の事情か何なのか分かりませんが、そんなもん入れるなってレベルのものですわ。両方とも良い曲なので、悪魔さんの方のCDで買ってほしいところですけど。
でもまぁ、おそらくこのCDの主眼はそこ(=悪魔さん)ではなくて、タイトルにもある通り、Zweiによるリード・トラック①Red Zone、それとFuki名義の②Strengthnao③Revolutionの3曲ということになるでしょう。全て、「作詞:Tanukichi☆、作曲:Tamachan☆」というクレジットです☆。今までどういった活動をしてきた方々なのかは知りません☆。

それらのインストVer.3曲と悪魔さんの2つを合わせて計8曲という体裁を取ってはいますが、実質シングルみたいなもので「2,000円+税」はハッキリ言ってぼったくりに近いですよ。この圧倒的お買い得度の低さから、発売後ずっと手を出していなかったんですが、『Fuki Fes. Vol.1』で初めて(生)Strengthを聴いたらぶっ飛んでしまったわけでして、これは「1曲でも買う価値あるな」という狂った判断をしてしまいましたふき。

Zweiで初めて聴きますけど、このVo、ちょっと変わっていますね。外国の人が片言で歌ってるような巻き舌っぽさがある。曲調は“THE アニソン”といった感じの勇壮なタイプ。なかなか良いんですがこの声はちょっと苦手だな。
は、開始して数秒で私の最も忌み嫌うタイプの歌唱である、“大好きダーリン”系のVoが飛び出してきてグリコ。一度も聴き通すことができていません。多分死ぬまで無理でしょう。


で、②Strengthですよ。
Drまで含めてしっかりバンド録音された、ハードテイストのスピード・チューン。これがガツンとクるんだ。サビのメロディが強力無比で、正にふっきーの歌唱にドンピシャ(死語)なんですが、嬉しいのは彼女のVoのシリアスな面が大フィーチャーされていることですね。今までに歌ってきたバンド/プロジェクトの中では、あんきも(=Unlucky Morpheus)に近い匂いもしますな。
ちょっと残念だったのが、ライブでの鮮烈なイメ-ジが強かったので、ヘンに主張しない演奏を収めて、ある意味こじんまりとまとまったこのヴァージョンだと聴き劣りすることでしょうかね。Fuki Coライブの演奏陣で録ったらすんごい出来になっていたのではないかと思うんだけどなぁ…。まぁ仕方ありませんけど。
あと、ブリッジ~サビに掛けての歌詞の詰め込み具合が、ふっきーの歌唱の良さを最大限に引き出すのにはちょっと言葉数多過ぎとの印象ですな。
それらを差っ引いたとしても、キラー・チューンですわコレ。